ここから本文です

ヤクルト山中3失点、初回先制許すも「テンポ良く」

9/15(土) 17:32配信

日刊スポーツ

<阪神4-6ヤクルト>◇15日◇甲子園

今季5度目の先発となったヤクルト山中浩史投手が、6回2/3を3失点(自責1)でまとめた。

【写真】代打ウラディミール・バレンティンは中前適時打を放ち山中浩史らとハイタッチ

初回に先制を許したが、2回以降は下手投げから緩急を駆使して打たせて取った。山中は「立ち上がりは慎重になりすぎて思うようにいきませんでしたが、回を増すごとにテンポ良く自分のピッチングができたと思います。イニングの途中で降りたのが心残りです」と振り返った。

最終更新:9/16(日) 16:08
日刊スポーツ

スポーツナビ 野球情報

あわせて読みたい