ここから本文です

【タイム結果】F1シンガポールGP FP3/ベッテルがトップ。トロロッソ・ホンダのガスリーは14番手

9/15(土) 20:15配信

オートスポーツweb

 2018年F1第15戦シンガーポールGPのフリー走行3回目が9月15日(土)に開催され、フェラーリのセバスチャン・ベッテルがトップタイムをマークした。

 現地時間、18時からのFP3は気温29度、路面温度37度、ドライコンディションで行われた。

 開始8分、フェラーリのキミ・ライコネンが先陣を切ってタイムアタックを行い、ハイパーソフトタイヤで1分40秒012をマークした。続いてベッテルが同じくハイパーソフトで1分40秒008を記録。フェラーリが比較的早い段階でタイムを出した。

 開始から15分がすぎると、メルセデス勢がソフトタイヤで周回を重ねる。バルテリ・ボッタスは4番手タイムをマークしたが、ルイス・ハミルトンは15番手にとどまった。

 フォース・インディアの2台はハイパーソフトで走行を重ね、エステバン・オコンが3番手、セルジオ・ペレスが4番手でセッション折返しを迎える。

 セッションが残り25分となったところで、ベッテルが1分38秒054をマーク。昨日行われたFP2のタイムを0.6秒上回ってみせた。

 残り20分を切り、メルセデスの2台がハイパーソフトを装着しタイムアタックを実施。ハミルトンが3番手、ボッタスが4番手につける。

 セッション終了まで10分となると、全車ハイパーソフトを装着しコースイン。予選シミュレーションを行う。しかし、トップタイムを更新するドライバーは現れず、ベッテルがトップタイムとなった。

 2番手にライコネンがつけフェラーリが1-2。3番手ハミルトン、4番手ボッタスがつけた。

 トロロッソ・ホンダのピエール・ガスリーは14番手、ブレンドン・ハートレーは17番手につけている。

■2018年F1第15戦シンガーポールGPフリー走行3回目 リザルト

Pos./No./Driver/Team/Time/Laps
1/5/S.ベッテル/フェラーリ/1'38.054/19
2/7/K.ライコネン/フェラーリ/1'38.416/16
3/44/L.ハミルトン/メルセデス/1'38.558/14
4/77/V.ボッタス/メルセデス/1'38.603/17
5/3/D.リカルド/レッドブル/1'39.186/14
6/33/M.フェルスタッペン/レッドブル/1'39.265/10
7/8/R.グロージャン/ハース/1'39.747/14
8/31/E.オコン/フォース・インディア/1'40.073/14
9/11/S.ペレス/フォース・インディア/1'40.231/14
10/14/F.アロンソ/マクラーレン/1'40.254/10
11/27/N.ヒュルケンベルグ/ルノー/1'40.450/17
12/20/K.マグヌッセン/ハース/1'40.559/13
13/55/C.サインツJr./ルノー/1'40.591/14
14/10/P.ガスリー/トロロッソ/1'40.686/16
15/2/S.バンドーン/マクラーレン/1'40.798/15
16/16/C.ルクレール/ザウバー/1'40.915/20
17/28/B.ハートレー/トロロッソ/1'41.562/18
18/35/S.シロトキン/ウイリアムズ/1'41.884/19
19/9/M.エリクソン/ザウバー/1'41.953/18
20/18/L.ストロール/ウイリアムズ/1'42.220/18


 

[オートスポーツweb ]