ここから本文です

地震保険、北陸は平均以下 日本損保協、石川は57%

9/15(土) 2:17配信

北國新聞社

 日本損害保険協会によると、2017年度に火災保険を新たに契約した人のうち、地震保険にも加入した割合(付帯率)は、石川県が57・1%、富山県が56・1%、福井県が61・2%で、いずれも全国平均63・0%を下回った。大規模な地震が少ないことが要因とみられる。

 日本損害保険協会の岩崎賢二専務理事は14日、北國新聞社を訪れ、「災害が頻発する中、防災、減災の重要性をしっかり周知しなければならない。付帯率の向上にも取り組む」と語った。

 具体的には、自治体などが主催する防災セミナーに専門家を派遣し、啓発を強化する考えを示した。

 同協会北陸支部の長崎達事務局長が同行した。

北國新聞社

最終更新:9/15(土) 2:17
北國新聞社