ここから本文です

J1経験者対決はドロー決着…山形は好調FW小林成豪が先制弾も甲府に追いつかれる

9/15(土) 21:23配信

ゲキサカ

[9.15 J2第33節 山形1-1甲府 NDスタ]

 J2第33節が15日に行われ、暫定10位のモンテディオ山形はホームで同16位のヴァンフォーレ甲府と1-1で引き分けた。前半5分にFW小林成豪が先制ゴールを挙げたが、後半38分に甲府のMF曽根田穣に同点弾を献上。連勝が2で止まった山形は4試合負けなし(2勝2分)、甲府は4戦未勝利(2分2敗)となった。

 かつてJ1でもしのぎを削った両チームの対決。前回対戦の第19節で2-1の勝利を飾っている山形は開始早々に均衡を破った。

 前半5分、右サイドのMF中村駿からのパスを収めたFW阪野豊史がキープから浮いたボールを裏へ送る。PA内中央に抜け出した小林が落ち着いたコントロールで右に持ち出し、DFやGKを避けながら右足でゴール右に決めた。

 小林はキャリアハイを更新する今季11得点目を記録。前半は山形が1-0とリードして折り返した。

 後半4分にはMF三鬼海の右クロスに中村がヘッドで合わせるも、クロスバーに嫌われて追加点とはならず。甲府も同34分にPA内左から途中出場のDF高野遼が左足で強烈なシュートを放つが、GK児玉剛に触られてクロスバーを叩いた。

 ゴールが遠かった甲府は後半38分、ついに同点に追いつく。MFフェフージンからのロングボールを受けた曽根田が右からPA手前中央へ切れ込み、左足でシュート。DF栗山直樹の股下をかすめたボールがゴール右に突き刺さり、試合はそのまま1-1で終了を迎えた。

最終更新:9/15(土) 21:23
ゲキサカ

あなたにおすすめの記事