ここから本文です

松山の施設などに宇和海産マダイ贈る 県魚類養殖協

9/15(土) 17:24配信

愛媛新聞ONLINE

 敬老の日に合わせ、愛媛県内の養殖業者でつくる県魚類養殖協議会(竹田英則会長)は15日、松山市の老人ホームなど14施設を訪れ、宇和海産の養殖マダイ約200匹、計約300キロを贈った。
 松山市天山2丁目の特別養護老人ホーム白寿荘では、竹田会長が「宇和島市吉田町産で、豪雨に負けずに育った。脂がのっていておいしいので、食べて長生きしてほしい」とあいさつ。入所者に12匹をプレゼントした。
 マダイを手に取った入所者の女性(90)は「ものすごく大きくて重たかった。食べるのが楽しみ」と笑顔だった。
 養殖魚の寄贈は1984年から敬老の日と年末に毎年実施している。

愛媛新聞社

最終更新:9/18(火) 15:30
愛媛新聞ONLINE

あわせて読みたい