ここから本文です

自宅でXperiaが快適になるルーター「Aterm WG2600HP3」:Xperia周辺機器

9/16(日) 10:00配信

アスキー

自宅でスマホを使う際に快適度に直結するのが、Wi-Fiルーターの無線環境。NECの「Aterm WG2600HP3」は4ストリーム通信に対応するほか、IPv6接続にも対応する最新モデルです。

【もっと写真を見る】

 自宅でXperiaを使う際に快適な回線環境が欲しいと考えると、やはり気になってくるのが最新のWi-Fiルーターです。今回は、NECの最新モデル「Aterm WG2600HP3」をご紹介いたします。
 
 Aterm WG2600HP3は 2.4/5GHz5GHz帯ともに4ストリーム(4×4)に対応、5GHz帯(11ac)ではこれまでの3ストリーム(3×3)より約1.3倍高速な、理論値最大1733Mbps通信が可能です。2.4GHz帯(11n)も256QAMに対応したことで、理論値最大800Mbpsの高速通信に対応するのが最大の魅力です。
 
 4ストリーム(4×4)対応の最大の恩恵は、大容量データ転送時に高速かつ安定した通信が可能なこと。独自技術「ハイパワーシステム」により、Wi-Fi電波の送受信できる範囲が広がったことに加えて、立体的に電波を放射する「ワイドレンジアンテナ」も搭載しています。
 
 特定の機種に集中して電波を送信する「ビームフォーミング」にも対応しているので、Xperiaを2階や3階、離れた部屋などに持ち込んだ際に通信途切れや極端に通信が遅くなるというイライラが減ります。地域やプロバイダーなどの環境にもよりますが、「IPv6(IPoE)」も対応。従来のIPv4方式に比べて、より快適な通信ができるという利点もあります。
 
 本体サイズは約38×129.5×170mmで、四角くスタンダードな形状。今までの奇抜な丸いデザインからガラリと変わった印象を受けます。接続端子は本体背面にあり、WANポート(インターネット側)がひとつ、1000Mbpsの有線LANポートが4つ。モード切り替えスイッチ、電源コネクターが並びます。側面の表側には「らくらくスタートボタン」、側面裏側にはRESETボタンを配置。前機種が搭載していたUSBポートはありません。
 
 さて、無線LANに接続する作業はわりとめんどうなものですが、Aterm WG2600HP3とXperiaの相性はとても良好。付属するWi-Fi設定用シートのNFCタグに、XperiaのNFCをかざすだけで設定が完了します。あまりにもかんたんで拍子抜けするほどです。
 
 スマホ側がNFCに非対応でも、「Aterm らくらくQRスタート」アプリをインストールして起動、そのままQRコードを読み取ると自動で設定が完了します。Wi-Fiの設定が表示されたら設定を適用するだけで終わりです。ほかにも、WPSに対応したゲーム機やPCであれば、「らくらくスタートボタン」を押しての接続や手動設定での接続も可能です。
 
 Wi-Fiルーター側の細かな設定は、専用アプリ「スマートリモコン」から行えます。アプリを起動すると近くにあるWi-Fiルーターが見つかるので選択すると、「見えて安心ネット」「クイック設定Web」「Wi-Fi接続通知設定」といった設定が可能です。
 
 クイックWeb設定では、Wi-Fiルーターの基本的な設定から接続先の設定、Wi-Fiの設定、状態やファームウェアの更新まで、今までPCでメンテナンスしていたことをXperiaでこなせます。
 
 これまでPCでルーターを設定する際は、うまく接続できない時に狭い場所に設置したWi-Fiルーターに近づけなかったり、離れた場所に設置した場合は行ったり来たりが多かったりとめんどうに感じることが多かったものですが、スマホならどこにでも持ち込んですぐ設定できるので、ずいぶんラクになりました。
 
 さて、自宅のネット環境が使い放題の場合気になるのが、子どもの過度なネット利用でしょう。自分や家族が仕事に出ている間や子どもが自室にいるとき、目を離す時間が多くて心配という場合には、「見えて安心ネット」設定が便利です。
 
 子どもがスマホを使える曜日や時間帯を細かく決めることができ、Wi-Fiに接続した際に通知するようにも設定できます。ほかにも、友人や親戚が自宅に訪れた際にメインのネットワークにアクセスできないゲストのSSIDを渡したり、ネット利用時間をタイマーを設定したりと、安心してネット回線を活用できます。
 
 大量にWi-Fi機器を所有し、目に見えない電波が飛び交っている筆者の環境で複数台の機器を同時利用しても、通信は非常に安定しています。また、上下方向に届きにくかった電波の飛距離が向上したことにより、前モデルより電波到達距離も向上。通信速度も向上して快適度がグッと増した印象です。
 
 Aterm WG2600HP3の重要な機能のひとつであるIPV6は、実はまだ筆者の環境では活用できていないのですが、こちらも対応すればすぐにでも試してみたいところ。通信が混み合う時間帯のストレスが減りそうで、これもまた楽しみです。
 
 初回接続から設定までの作業が非常にカンタンで、モバイル回線のデータ通信量を気にせずに自宅のネット回線を快適か高速に活用できるAterm WG2600HP3は、いちど使って見る価値があるWi-Fiルーターです。
 
 NEC 11ac対応 1733+800Mbps 無線LANルータ(親機単体)Aterm WG2600HP3 PA-WG2600HP3NEC
 
 
文● 君国泰将 編集●南田ゴウ

最終更新:9/16(日) 10:00
アスキー