ここから本文です

今季プロテスト合格のルーキー、林菜乃子&河本結が優勝争い!柳澤美冴も2勝目狙う

9/16(日) 7:34配信

ゴルフ情報ALBA.Net

<山陽新聞レディースカップ 3日目◇16日◇東児が丘マリンヒルズゴルフクラブ(6,380ヤード・パー72)>

伸ばしあいの岡山決戦!「山陽新聞レディースカップ」LIVEPHOTO配信中

国内女子ステップ・アップ・ツアー「山陽新聞レディースカップ」2日目が終了。7月の「最終プロテスト」に合格した林菜乃子がトータル11アンダーにスコアを伸ばし、単独首位に浮上。今季4度のトップ10フィニッシュがあり、最高順位は「ツインフィールズレディース」3位タイとなっているが、ステップ初優勝に王手をかけた。

1打差の2位タイには、同じく今季プロテスト合格組で「Skyレディース ABC杯」で1勝を挙げている河本結と、プロ7年目で今季「ツインフィールズレディース」以来の2勝目を狙う柳澤美冴が並ぶ。

2打差の4位タイには、プロ2年目の淺井咲希と、今大会初日「63」のステップ・アップ・ツアー最少ストローク記録を樹立した佐藤絵美。ともに自身初の優勝を狙う。

ここまでの2日間同様、伸ばしあいの展開が予想される最終日。最終組の1つ前、西山美希、佐藤絵美、淺井咲希の第11組は9時50分スタート。河本結、柳澤美冴、林菜乃子の最終組は10時にティオフを迎える。

上位陣の最終日に向けてのコメントは以下のとおり。

林菜乃子(11アンダー/単独首位)「目の前の1打を大事にした結果、優勝につながれば。最終日最終組は初めてですし、緊張したなかで(師匠の)芹澤信雄さんに言われたことができるか。何度いいショットが打てるか楽しみです。(姉弟子の西山)ゆかりさんが勝っている大会でもあるので、勝ちたいです」

柳澤美冴(10アンダー/2位タイ)「ショットがビシビシでした。今日はパットの取りこぼしがなかった。0アンダーを目標に設定していましたが『65』は自己ベスト更新ですね。いまは賞金ランキング6位ですが、絶対5位以内には入りたい。明日は気負っちゃうかもしれませんが、自分の設定したスコアを目標に。早く2勝目を挙げたいです」

河本結(10アンダー/2位タイ)「雨が降って、打ちきれないパットが多かったですが、今日は我慢することが大事だと思っていた。今大会を含めてステップ6連戦、すべて勝つ気持ちで戦っている。勝負は最終日のバックナインだと思っているので、そこで平常心でできるかどうか。優勝へ向けての準備をするだけです」

淺井咲希(9アンダー/4位タイ)「パーオンしなかったところでボギーを叩いた。前半は力が入りましたね。これだけアンダーが出ているので、ちょっと気合い入れすぎたかな。全体的にパットが入らなかったし、流れ的にも苦しかった。明日はパットが入ればチャンスがあると思います」

佐藤絵美(9アンダー/4位タイ)「後半のスコアを崩したところはティショットのミス。昨日ビッグスコアが出たので、気持ちの切り替えを意識した。最後でバーディも取れたし、内容的にはそんなに悪くなかった。明日はチャンスをどれだけモノにできるか。応援を力に変えていきたい」

(撮影:鈴木祥)<ゴルフ情報ALBA.Net>