ここから本文です

チームしゃちほこ、夏の恒例イベントがパワーアップ RADIO FISHとの共演再び

9/16(日) 2:45配信

エキサイトミュージック

チームしゃちほこが9月15日(土)豊洲PITにて、『SYACHI SUMMER 2018 -crazZY!×SWEAT-』を開催した。「SYACHI SUMMER」とは、チームしゃちほこサマーフェスティバルの略で、チームしゃちほこが毎年夏に行なっている恒例イベント。2013年よりスタートし、今年で6回目を迎え、今回は『SYACHI SUMMER 2018 -crazZY!×SWEAT-』としてパワーアップした内容を謳っていたことから、ファンの間でも期待が高まっていた。

【この記事の関連画像をもっと見る】

SEで「ういろう・ザ・チャンピオン」が流れ、裾の大きく広がったメンバーカラーの巻きスカートが印象的な衣装でチームしゃちほこのメンバーが登場すると、ライブ1曲目は、なんと早速彼女たちの代名詞ともいえる「抱きしめてアンセム」。間髪入れることなく「そこそこプレミアム」「恋人はスナイパー」と続き、爽快なスタートダッシュを切った。

恒例の「味噌カツ~、手羽先~、エビフライ~」の自己紹介をはさんで、「We are…」「シャンプーハット」、そして80's末から90'sにかけてクラブシーンを席巻した「アシッドハウス」のサウンドのキラーチューン「いいくらし」と、メロディアスに魅せるナンバーが続く。さらに「雨天決行」、先輩であるももいろクローバーZ、私立恵比寿中学の振り付けも取り入れた「アイドンケア」、そして「START」を披露すると、ここまでで会場に放出されたエネルギーがここで一気に昇華され、「乙女受験戦争」では、メインステージの向かい側に設置されたSWEATステージで歌唱する伊藤千由李の両脇でダンサーが大きなフラッグをはためかせる姿が、10月22日をもってグループを卒業することを発表した彼女の新たなる船出を感じさせた。

すると、会場に誰もが聞き覚えのあるイントロが流れ始める。8月29日にリリースしたばかりのシングルでチームしゃちほことコラボレーションをしたRADIO FISHの「PERFECT HUMAN」だ。御神体・NAKATAの登場で大きな歓声が上がったのも束の間、「Say天才!(天才!) まさに天才!(天才!)」という掛け合いのパートから、チームしゃちほこが加わり、続けてコラボレーションシングルの「BURNING FESTIVAL」をパフォーマンスした。

その後のMCで秋本帆華が「RADIO FISHの皆さんが来てくれました~! 一緒にまたステージに立てて本当に嬉しい! (ファンの人の反応は)100点でした?」と問いかけると、NAKATAが「ここで満足するにはまだまだ早いんじゃないの? 『-crazZY!×SWEAT-』でしょ? まだまだこれからだろ!!!」と畳み掛け、秋本に、オリエンタルラジオの「武勇伝」を彷彿とさせるように「しゃらくせ~~~!!!!! クレイジーになり切れていないライブなんて、はじめからやり直しだよ!!!」と喝を入れると、再び「ういろう・ザ・チャンピオン」が流れ出した。スポーティーさの中に可愛らしさが目を惹くブルーと白のフレアスカートに、SYACHI SUMMERのTシャツという衣装に着替えたメンバーが登場。「まだまだ足りない! やり直しだ~~~!!!!」という掛け声と共に、再び「抱きしめてアンセム」が始まる。

続いて「トリプルセブン」、そして「まだまだ全然足りない! 頭のネジここに置いて、みんなで限界突破しようぜ!!!!」と咲良が会場を煽ると、またもや「抱きしめてアンセム」、「ザ・スターダストボウリング」から、さらに「抱きしめてアンセム」がスペシャルバージョンとして続き、終わりの見えない畳み掛けに客席はトランス状態とも言える盛り上がりを見せた。

最後は「ULTRA 超 MIRACLE SUPER VERY POWER BALL」で締め、「crazZY!×SWEAT」というタイトルの実態が浮き彫りとなる、まさに狂乱のステージとなった。本編が終了すると直後から「しゃちほコール」が鳴り響き、メンバーが再登場。

坂本遥奈「リハーサルもやったけど、やっぱりお客さんがいてのライブは全然違う! みんなで限界突破できたやね! これからもみんなでクレイジーしていこう!」

咲良菜緒「雨の中来てくれてありがとう! 楽しんでくれましたか? これが楽しいってみんな頭おかしいね!(笑) でもみんなと私たちも同じ気持ちだから! この夏の集大成といえるしゃちサマになりました。どんどん今を超えるライブをしていきます!」

伊藤千由李「きつくて笑えてきた!(笑) もう、しゃちほこっていうスポーツができそうだね。私にとっては最後のしゃちサマになるけど、私が遊びにきた時もずっとこんな風であってほしいなと思います」

大黒柚姫「本当に濃いライブができました! RADIO FISHさん、ダンサーさん、そして5人最後のしゃちサマと、忘れられない一日になったと思います」

秋本帆華「こんなにアツくて楽しいライブは初めてでした! 『乙女受験戦争』をちゆが歌っているのを初めて正面から見て、めちゃくちゃカッコいいなって思った。『乙女は夢に向かってただひたすらに走っていく』っていう歌詞が沁みた。ちゆ、振り返らないで走ってね。みんなも、今日のことを忘れないでほしい」

とそれぞれの想いを語った。そして続けて坂本より、チームしゃちほこの新曲「DREAMER」がメ~テレ10月クール早見あかり主演ドラマ『イジューは岐阜と(ギフト)』主題歌に決定したことが発表に。さらに12月18日(火)にZepp TOKYO、24日(月・祝)にはホテルナゴヤキャッスルにて、昨年から続くチームしゃちほこのクリスマスイベントが今年は東名にて開催されることと、本日からファンクラブ先行受付開始になることがアナウンスされ、会場は瞬く間に歓声に包まれた、最後は「エンジョイ人生」で、まるで台風一過の雲ひとつない青空のような会場の空気と共に、チームしゃちほこ『SYACHI SUMMER-crazZY!-×SWEAT』が幕を閉じた。