ここから本文です

アンドリュー・ガーフィールド、スパイダーマンから“残念オタク”に… 『アンダー・ザ・シルバーレイク』で新境地

9/16(日) 16:15配信

cinemacafe.net

来月10月に日本公開を迎える映画『アンダー・ザ・シルバーレイク』から、絶妙に残念な“恋するオタク”に挑戦するアンドリュー・ガーフィールドのビジュアルがシネマカフェに到着した。

【写真】『アンダー・ザ・シルバーレイク』場面写真



ダウンタウンとハリウッドの間に位置し、セレブやアーティストなど、多くのクリエイティブな若者が暮らすLAのシルバーレイクを舞台にした本作。


主人公・サムを演じるのは、『アメイジング・スパイダーマン』シリーズのピーター・パーカー/スパイダーマン役で人気を博し、『ハクソー・リッジ』ではアカデミー賞にノミネートされ、いまや若手を代表する世界的演技派俳優となったアンドリュー。


今回彼が演じるサムは、かつては“大物”になる夢を抱いていたものの、気付けば仕事も気力もなくなり、家賃を滞納してアパートからの退去を迫られる…という“残念なオタク青年”だ。

ヒーローや救世主といった“陽”の役柄のイメージが強い彼だが、本作ではキャリア初となる“ダークサイド”を孕んだ役柄に、自身のピュアな存在感を絶妙なバランスで加え、唯一無二の魅力を放つキャラクターを作り上げた。


オタクなサムだが、不意に美女サラ(ライリー・キーオ)と出会い、瞬く間に恋に落ちるところから物語は動き出すのだ。しかし、人生を変える恋が始まろうとした矢先、サラが失踪。サムは彼女の行方を追うなかで、暗号解読、都市伝説、サブリミナルといったオタク知識をフル活用し、シルバーレイクに隠された巨大な闇へと近付いていく――。


仕事もやる気も失って街を徘徊したり、ひと目惚れしたサラを前にデレデレしたり…と、今作ではこれまで見たことのないアンドリューの姿が。メガホンをとったデヴィッド・ロバート・ミッチェル監督は、「彼の人を惹きつける力が、キャラクターの暗い側面と絶妙なバランスを保っていた」とその演技を絶賛。きっと彼にしか生み出せない、“恋するオタク主人公”サムの活躍に期待していて。


『アンダー・ザ・シルバーレイク』は10月13日(土)より新宿バルト9ほか全国にて順次公開。

最終更新:9/16(日) 16:15
cinemacafe.net

あなたにおすすめの記事