ここから本文です

「世紀の対決」再び実現か=メイウェザー示唆―ボクシング

9/16(日) 1:21配信

時事通信

 ボクシングの元世界5階級王者フロイド・メイウェザー(米国)が15日、世界6階級制覇を果たし、現世界ボクシング協会(WBA)ウエルター級チャンピオンのマニー・パッキャオ(フィリピン)と年内に再戦する可能性を示唆した。自身のインスタグラムに「今年、パッキャオと戦うために復帰する」と記した。

 2015年5月に実現した両者の一戦は「世紀の対決」と注目され、メイウェザーが判定勝ちした。その後2人とも現役を退いたが、パッキャオは16年11月に復帰。メイウェザーも昨年8月に総合格闘技の選手との試合で復帰して勝ち、戦績を50戦全勝としていた。 

最終更新:9/16(日) 1:24
時事通信