ここから本文です

【SUPER GT第6戦 SUGO】100号車 RAYBRIG NSX-GT(山本尚貴/ジェンソン・バトン組)がアクシデント続出のレースを制して優勝

9/16(日) 18:08配信

Impress Watch

 9月16日、スポーツランド SUGO(宮城県柴田郡村田)で「2018 AUTOBACS SUPER GT Round 6 SUGO GT 300km RACE」の決勝レースが行なわれた。GT500はポールポジションからスタートした100号車 RAYBRIG NSX-GT(山本尚貴/ジェンソン・バトン組)が今季初勝利。GT300も61号車 SUBARU BRZ R&D SPORT(井口卓人/山内英輝組)がポールトゥウィンを飾った。

【この記事に関する別の画像を見る】

■GT500クラス

 決勝レースは14時にスタート。GT500はポールポジションの100号車 RAYBRIG NSX-GTをドライブする山本尚貴が順当にホールショットを決め、オープニングラップを制した。そのまま2番手以降を引き離すと、序盤で5秒以上の差を作って逃げるかに見えた。ところが、周回遅れのGT300マシンに追いつくタイミングでトラフィックに巻き込まれたのか、100号車は3~4秒の大きなタイムダウン。2番手の12号車 カルソニック IMPUL GT-R(ヤン・マーデンボロー)が急接近。23周目には1コーナーの突っ込みで一気にオーバーテイクされ、順位を落とした。

 30周手前で各車、タイヤ交換・給油・ドライバー交代のためのレギュラーのピットインが始まる。トップを走る12号車 カルソニック IMPUL GT-Rはそれから10周ほど遅い39周目、すでにピットインを行ない、ドライバーをジェンソン・バトンに交代した100号車 RAYBRIG NSX-GTに十分差をつけた状態でピットイン。ドライバーを佐々木大樹に交代し100号車の前でコースに復帰することはできたが、冷えたタイヤではままならず、すでにタイヤ交換を終えペースを作っていた100号車 RAYBRIG NSX-GTにかわされ差を広げられる。

 タイヤが温まった後は100号車 RAYBRIG NSX-GTに2秒余りまで迫る12号車 カルソニック IMPUL GT-R。しかし、最終コーナーでライン取りを誤りコースオフする痛恨のミスで、一時は差が11秒以上にまで広がってしまう。再び追い上げをかけようとしていたところ、コースオフの影響か、50周を超えたタイミングでパワーダウン。ラップタイムが3~4秒程度遅くなり、100号車に追いすがるどころか、3番手の8号車ARTA NSX-GT(野尻智紀/伊沢拓也組)に追いつかれ、58周目でついに順位入れ替わった。

 100号車 RAYBRIG NSX-GTもGT300の追い越しの絡みで最終コーナー外側にはらみ、タイヤカスを踏んで曲がりきれずコースオフするミス。とはいえすぐにコースに復帰し元通りのペースでラップを重ねる。このままフィニッシュするかと思いきや、終盤、31号車 TOYOTA PRIUS apr GT(嵯峨宏紀/平手晃平選手)が11コーナーでクラッシュし、レース残り11周という終盤でセーフティカーが導入された。

 レースの再開は残り6周から。ペースの上回る8号車ARTA NSX-GTが100号車 RAYBRIG NSX-GTに一時0.3秒差前後まで詰め寄り、逃げ切るのは難しいかと思われたが、新たに2台がクラッシュしたためにイエローフラッグが振られる。追い越し不可能なセクションができたこともあって差を詰め切れず、100号車 RAYBRIG NSX-GTが先にゴールラインを通過。6戦目にしてバトン選手のSUPER GTにおける記念すべき初優勝となった。

GT500 決勝レース結果(上位10チーム)

1位:100号車 RAYBRIG NSX-GT(山本尚貴/ジェンソン・バトン組)
2位:8号車 ARTA NSX-GT(野尻智紀/伊沢拓也組)
3位:12号車 カルソニック IMPUL GT-R(佐々木大樹/ヤン・マーデンボロー組)
4位:16号車 MOTUL MUGEN NSX-GT(武藤英紀/中嶋大祐組)
5位:38号車 ZENT CERUMO LC500(立川祐路/石浦宏明組)
6位:24号車 フォーラムエンジニアリング ADVAN GT-R(ジョアオ・パオロ・デ・オリベイラ/高星明誠組)
7位:23号車 MOTUL AUTECH GT-R(松田次生/ロニー・クインタレッリ組)
8位:3号車 CRAFTSPORTS MOTUL GT-R(本山哲/千代勝正組)
9位:17号車 KEIHIN NSX-GT(塚越広大/小暮卓史組)
10位:39号車 DENSO KOBELCO SARD LC500(ヘイキ・コバライネン/小林可夢偉組)

■GT300クラス

 GT300は山内英輝がドライブする61号車 SUBARU BRZ R&D SPORTが、オープニングラップからハイペースで2番手以降を引き離す。序盤は1周ごとにほぼ1秒ずつ差を広げていく状況で、20周を超えたところで2番手とのギャップは10秒以上。その後ピットストップなどで2番手の10号車GAINER TANAX triple a GT-R(星野一樹/吉田広樹組)に5秒差ほどまで縮められたものの、ミスらしいミスもなく、終盤のセーフティカー導入すらものともせずに、トップでチェッカーを受けた。

 一方、予選10番手、決勝では終盤まで10~15番手付近を走行していた34号車Modulo KENWOOD NSX GT3(道上龍/大津弘樹組)は、中盤のピットストップで他チームが2輪のみの交換で済ませていたところ、34号車は第1スティンとを担当した道上龍の判断で4輪すべてを交換。4輪を交換したことで他車に比べて優位なトラクションを活かし、終盤になって目覚ましい追い上げを見せる。最後のセーフティーカー導入時には11位だったが、最終ラップのフィニッシュライン手前では3位の0.057秒差のあと一歩まで詰め寄り4位でフィニッシュ。惜しくも表彰台は逃したが、今シーズン最高位を獲得した。

GT300 決勝レース結果(上位10チーム)

1位:61号車 SUBARU BRZ R&D SPORT(井口卓人/山内英輝組)
2位:10号車 GAINER TANAX triple a GT-R(星野一樹/吉田広樹組)
3位:0号車 グッドスマイル 初音ミク AMG(谷口信輝/片岡龍也組)
4位:34号車 Modulo KENWOOD NSX GT3(道上龍/大津弘樹組)
5位:88号車 マネパ ランボルギーニ GT3(平峰一貴/マルコ・マペッリ組)
6位:9号車 GULF NAC PORSCHE 911(久保凜太郎/石川京侍組)
7位:52号車 埼玉トヨペットGreenBraveマークX MC(番場琢/脇阪薫一組)
8位:65号車 LEON CVSTOS AMG(黒澤治樹/蒲生尚弥組)
9位:60号車 SYNTIUM LMcorsa RC F GT3(吉本大樹/宮田莉朋組)
10位:55号車 ARTA BMW M6 GT3(高木真一/ショーン・ウォーキンショー組)

Car Watch,日沼諭史,Photo:高橋 学

最終更新:9/16(日) 22:07
Impress Watch