ここから本文です

【ローズS予想】距離やコース適性から本命はトーセンブレス/JRAレース展望

9/16(日) 9:15配信

netkeiba.com

 ローズS(GII・芝1800m)は、3着までに秋華賞(10月14日・GI・芝2000m)の優先出走権が与えられるトライアル競走だが、秋華賞が京都競馬場の内回りコースで行われるのに対して、こちらは阪神競馬場の外回りコースが使用される。距離やコース適性を考えて◎はトーセンブレス。

【写真】トーセンブレスこれまでの軌跡

 オークスは無念の出走取り消しだったために桜花賞4着以来の実戦となるが、フラワーCの2着、阪神JFの4着が示すとおりに牝馬同士ならば世代トップクラス。ビッグスリー(アーモンドアイ、ラッキーライラック、リリーノーブル)がいないここなら中心視できる。1800mの距離はフラワーCで、阪神競馬場の外回りコースは2歳時に経験済み。休み明けとはいえ、オークスを取り消したあと、8月上旬から函館競馬場で時計を出しており休み明けの不安はなさそうだ。母系にスプリンター血脈が入るディープインパクト産駒。重賞2着があるとはいえ、まだ1勝馬。勝って堂々と本番に挑みたいところだ。

 相手筆頭はオークス3番人気のサトノワルキューレ。押せ押せのローテーションになってしまった春シーズンは、馬体減に加えて、2度の輸送もあって本来の力を発揮できなかった。脚質的には秋華賞よりもエリザベス女王杯向き。ここは力のあるところを見せておきたいはずだ。

 春シーズンはチューリップ賞4着、フローラS4着とクラシックの切符を掴み損ねた▲サラキアにも注目したい。白百合Sで先着を許したメイショウテッコンがラジオNIKKEI賞に勝ち、自身は小倉競馬場でレコードタイムを記録した。母サロミナはドイツオークス優勝馬で、祖母ザルデンティゲリンは独ダービー4着馬。夏に無理使いしなかったことも好感だ。

 フラワーC優勝△カンタービレ、忘れな草賞勝ちの△オールフォーラヴ、古馬相手に健闘した△ウスベニノキミ、△ウラヌスチャームを押えておきたい。

最終更新:9/16(日) 9:15
netkeiba.com

スポーツナビ 競馬情報

重賞ピックアップ

あなたにおすすめの記事

Yahoo!ニュースからのお知らせ