ここから本文です

香妻琴乃「ゴルフが嫌いな時期もあった」/一問一答

9/16(日) 16:53配信

ゴルフダイジェスト・オンライン(GDO)

◇国内女子◇マンシングウェアレディース東海クラシック 最終日(16日)◇新南愛知CC美浜コース (愛知)◇6446yd(パー72)

【画像】香妻琴乃 前夜祭で見せた貴重なドレスアップ姿

4打差を追ってスタートした香妻琴乃が「64」をマークし、通算15アンダーでツアー初優勝を飾った。過去に何回も優勝争いに敗れてきたが、後続を1打差で振り切って感涙。優勝会見の一問一答は次の通り。

―今の気持ちは
まだ優勝の実感がない。きょうは緊張した場面があまりなくて。今までの優勝争いはすごくドキドキしていたが、とにかく自分がいいプレーをして、良いスコアで回ろうという気持ちでやったのが優勝につながった

―最終18番をバーディフィニッシュ
(13番から)5ホールバーディがなくて、キャディさんに最後ぐらいは楽しく打とうねと言われていた。入っても入らなくても、自分の思った通りに打てたらいいかなと思っていた。入ってくれてうれしかった

―優勝が決まった瞬間に涙
最初は泣くつもりはなかったけど、キャディさんに「ゴルフをしていて良かったね」と言われて、泣いてしまった。QT(予選会)も悪くてゴルフが嫌いな時期もあったんですけど、そういうふうに言ってもらえて、優勝するときが来たのがすごくうれしかった

―パッティンググリーンで練習してプレーオフに備えていた
イ・ミニョンさんとアン・ソンジュさんが18番で絶対にバーディを獲ってくると思っていた。だからずっとフックラインを練習していた

―なぜフックライン?
18番でプレーオフをやったことを想定していた。2打目がつくとしたら、ピンの右につくと思っていた。だからずっとフックラインを練習していた。プレーオフになると思っていたし、優勝が決まるまでは集中力を切らさないようにと思っていた

―きょうのプレーで良かったところは
きょうはすごいいいリズムでパッティングができた。バーディパットが入ってくれたし、パッティングがここ数週間で良くなった

―ゴルフが嫌いな時期はいつ?
昨年のサードQTのとき。スポンサーさんが7社ついてくれていますが、申しわけなかった。2018年をどう過ごせばいいんだろうという感じだった

―立ち直ったきっかけは
私が出る試合の全部に来てくれるファンの方がいて。どんなにスコアが悪くても18ホール回ってくれる人たちがいた。こんなに応援してもらっているんだなと。期待してもらっているんだったら、早く優勝したい気持ちだった

―父の尚樹さんに感謝の気持ち
父はいつも初日から、「優勝するんじゃないか」と毎回言ってくれる。1日でもいいスコアが出てくれたら喜んでくれる。今まで23年ゴルフをやってたくさんお金がかかって、大変なこともあったけど、少しは親孝行できたかな