ここから本文です

X JAPAN 『ドリフェス』で幕張に響いた「紅」の大合唱 “紅に染まった夜”へのカウントダウン遂に

9/16(日) 13:15配信

エキサイトミュージック

X JAPANが9月15日(土)に幕張メッセで行われた『テレビ朝日ドリームフェスティバル 2018』に出演し、迫力のパフォーマンスを披露。この日集まった15,000人のオーディエンスは尋常じゃないほどの盛り上がりを見せ、割れんばかりの大歓声の中、X JAPANはこの日のトリを見事に務めあげた。

【この記事の関連画像をもっと見る】

X JAPANでのパフォーマンスはマリリン・マンソンとの共演で大きな話題をよんだ世界最大級の米国野外フェス『コーチェラ』以来。熱気に溢れた会場には、始まる前からXコールが鳴り響いていた。「MIRACLE」のイントロから始まったこの日のステージは、「RUSTY NAIL」「HERO」「FOREVER LOVE」と名曲が続く。途中、YOSHIKIとToshlが楽しそうにトークの掛け合いをするなど、仲睦まじい姿が見られる場面も。

「紅」では突如大スクリーンにHIDEが現れ、会場からは悲鳴にも似た大歓声が沸き起こり泣き出すファンも続出し、さらに「ENDLESS RAIN」「KISS THE SKY」と続き、そして「BORN TO BE FREE」からの「X」で会場のヴォルテージは最高潮に。観客15,000人の“Xジャンプ”は会場が揺れる程の盛り上がり。約1時間に及ぶ全8曲のパフォーマンスで、X JAPANは世界を舞台に活躍している貫禄を見せつけた。

そしてYOSHIKIは最後に、「解散した後もみんながずっとずっと応援してくれたから今があると思ってる。ありがとうございます」と、ファンへの感謝の言葉を口にした。

今日の特別なハイライトの一つであった、会場全体が揺れた「紅」のサビの大合唱。X JAPANはここ幕張の地で、まもなく10万人規模のライブ『X JAPAN Live 日本公演 2018 ~紅に染まった夜~Makuhari Messe 3Days』を行なう。いよいよ本番まであと2週間足らず。幕張が紅に染まる日が近付いている。

また17日(月)には、『MUSIC STATION ウルトラFES2018』(テレビ朝日系)にYOSHIKI feat.HYDEが出演し、「Red Swan」をついに初披露する。今大きな注目を集めている二人のコラボパフォーマンスに期待が高まる。

そして11月12日(月)、15日(木)には、東京国際フォーラムで『YOSHIKI CLASSICAL 2018 ~紫に染まった夜~ YOSHIKI with Philharmonic Orchestra』が開催されることが先日発表になったばかり。2017年1月の米カーネギーホール以来、1年8ヶ月ぶりとなる凱旋公演には、早くもチケット購入希望者が殺到している。

あなたにおすすめの記事

Yahoo!ニュースからのお知らせ