ここから本文です

夢の共演!石川遼と池田勇太がANAオープン生放送で二元中継“北海道に勇気を!”

9/16(日) 18:19配信

ゴルフ情報ALBA.Net

<ANAオープン ◇16日◇札幌ゴルフ倶楽部 輪厚コース>

北海道で起きた地震に伴い大会が中止となった「ANAオープン」。本来なら今日16日(日)、最終日を放送予定だったが、めったに見ることができない、日本を代表するトッププロ、石川遼と池田勇太の掛け合いが特別番組として“生”放送された。題して『北海道に元気を!ANAオープンゴルフトーナメント』。大きな被害を受けた北海道。「被災地に元気を与える放送を!」をテーマに特別番組を編成した地元・札幌テレビの緊急番組で石川、池田の熱意がこもったトークが展開された。

【写真】池田勇太とジェット機の2ショット!

6日(木)午前3時ごろ、北海道胆振地方中東部を震源として最大震度7を観測する地震が発生。これを受けて、日本ゴルフツアー機構(以下JGTO)、大会主催者(全日空)らは大会中止を決定した。大きな被害を受けた北海道に勇気を届けるために立ち上がったのは、ジャパンゴルフツアー選手会長の石川と、前々会長の池田。池田は開催コースの札幌GC輪厚Cから、石川は都内のスタジオから生中継で連携。過去大会や自身の優勝シーンなどを振り返った。

「大好きな大会ですし、やりたかった」とした石川だったが、いまだ普段通りの生活が戻っていない地域もあることから、大会開催断念に理解。「ANAオープンは特別。来年また戻ってきます」と、被災地応援番組で北海道への愛を語った。「遼が選手会長としていろいろやって、こういう企画ができた。男子ツアーもこれから大詰め。笑顔とスポーツの力で皆さんを勇気づけたい」と池田も北海道に向けて力強いメッセージを残した。

2010年大会で涙の優勝を決めた池田は昨年大会で大会2勝目。石川は米ツアー参戦中のシーズン終了を受けて出場した15年に大会初優勝。ともに思い出の詰まった輪厚コースでの戦いや裏話を披露し、一風変わったゴルフ中継を難なくこなした。

前々週の「フジサンケイクラシック」を体調不良のため欠場した石川だが「今は体調もよくなって元気になりました。後半戦は頑張ります」と、元気な姿を見せた。今季まだ未勝利の16年賞金王・池田も後半戦での巻き返しを狙う。北海道への熱い思いから実現した今回の企画。石川、池田が後半戦の男子ツアーを盛り上げ、被災地にエールを送り続ける。

<ゴルフ情報ALBA.Net>

あわせて読みたい