ここから本文です

【DEEP JEWELS】仮面女子・川村虹花、Yuko.Sに初の一本負け

9/16(日) 23:45配信

イーファイト

DEEP事務局
「DEEP JEWELS 21」
2018年9月16日(日)東京・新宿FACE

【フォト】チョークで攻められる川村

▼第5試合 DEEP JEWELSアトム級 5分2R
〇Yuko.S(BRAVE)※桐生祐子から改名
一本 1R 3分23秒 ※チョークスリーパー
●川村虹花(仮面女子)

 川村は最強地下アイドルの異名を持つ「仮面女子」の現役メンバーで、昨年12月にセミプロルールで総合格闘技デビュー。ここで勝利を収め、今年3月に本格的にプロデビューを果たした。

 その川村を潰しにかかるのが、Yuko.Sにリングネームを変更した桐生祐子。アマチュアキックを経てプロMMA歴2年半、戦績は6勝6敗と川村をキャリアで大きく上回る。腹筋が自慢の“腹筋女子”で、計量時の絞った身体では小麦色の肌と引き締まった腹筋にカラフルなビキニがよく似合うことから、格闘技界のミス・フォトジェニックの異名を持つ。

 仮面女子のコスチュームでリングインの川村。結婚後、初試合となるYuko.Sはレスリングタックルのパフォーマンスを繰り返した。

 1R、プレッシャーをかけるYuko.S。川村は右ストレート。組み付いたYuko.Sは、テイクダウンを狙うが、川村がヒザ蹴り連打。コーナーへ押し付けたYuko.Sは、ヒザ蹴りを内股へ入れる。体を入れ替えた川村は、ヒザ蹴り。ダブルレッグに成功したYuko.Sは、テイクダウン。

 逃げる川村のバックに回ったYuko.Sは、チョークスリーパーへ。これが極まり、Yuko.Sが一本勝ちを決めた。

 マイクを握ったYuko.Sは、「油断していなかったんですけど、川村選手は強かったです。でも、自分も長く格闘技をやっているので、そう簡単にはRIZINに行かせません。これからも、応援をよろしくお願いいたします」とコメントした。

最終更新:9/17(月) 6:22
イーファイト

あなたにおすすめの記事