ここから本文です

「道譲れ」口論、男性はねる=殺人容疑でタクシー運転手逮捕―警視庁

9/16(日) 11:09配信

時事通信

 タクシーで男性をはねて殺害したとして、警視庁麻布署は16日までに、殺人容疑で東京都中野区野方、韓国籍のタクシー運転手南康弘容疑者(69)を逮捕した。

 「車が勝手に動きだし、慌ててブレーキを踏んだが間に合わずひいてしまった。殺す気はなかった」と容疑を否認しているという。

 逮捕容疑は15日午後0時50分ごろ、港区六本木の路上で、千葉県市川市のハイヤー運転手岡田進さん(45)をはねて殺害した疑い。

 同署によると、南容疑者は幅4.1メートルの道路で、反対方向から来た岡田さんのハイヤーとどちらが道を譲るかでもめ、互いに降車して口論になった。無人のタクシーが動きだしたため戻って停車させたが、その後発進。車に戻ろうと約20メートル先の歩道を歩いていた岡田さんを後ろからはね、ボンネットに乗せたまま街路灯に衝突した。

 いずれの車も客は乗っておらず、目撃者に促された南容疑者が自ら110番した。岡田さんは体を強く打ち、搬送先の病院で死亡が確認された。ドライブレコーダーの映像などから殺意があったと判断したという。 

最終更新:9/16(日) 15:24
時事通信