ここから本文です

難敵トッテナム撃破のクロップがチームを称賛「今シーズンのベストゲームだった」

9/16(日) 7:42配信

GOAL

リヴァプールのユルゲン・クロップ監督は、今シーズンのベストパフォーマンスだったとトッテナム戦の勝利を喜んだ。

15日に行われたプレミアリーグ第5節でリヴァプールは敵地でトッテナムと対戦。39分にジョルジニオ・ワイナルドゥムが先制すると、54分にロベルト・フィルミーノが追加点を奪う。試合終了間際にトッテナムに1点を返されるも、リヴァプールが2-1で勝利し、開幕5連勝を飾った。

難敵トッテナムを下したクロップ監督は試合後、『スカイスポーツ』のインタビューで「とても良かった。選手たちはとてもハードワークができていた。勝利に値するものだった」とチームのプレーに満足感を示した。

「ボールを持っているときも、持っていないときも、我々は85分以上試合を支配した。彼らに大きな脅威を与え、いつものようなプレーをさせなかった。海外でのインターナショナルブレイクから帰って来たばかりで、練習も十分にできなかった中で今日のようなプレーができた。本当に良かった。みんながとても一生懸命プレーし、良いパフォーマンスだった」

「今日の相手は大きな自信を持つチームの1つで、彼らは良いプレーを続けているから、対処することはとても難しく、チームをコンパクトにする必要があった。それでもボールを持ったときに我々は素晴らしいプレーができていて、今シーズンのベストゲームだった。選手たちのパフォーマンスは、結果以上に最高のものだった」

チェルシーとともに5連勝を飾り、上位をキープするリヴァプールは、18日にチャンピオンズリーグのパリ・サンジェルマン戦を戦った後、22日にホームでのサウサンプトン戦を迎える。

GOAL

最終更新:9/16(日) 7:43
GOAL

スポーツナビ サッカー情報

今日のJリーグ 試合情報

J1

海外サッカー 日本人選手出場試合

あわせて読みたい