ここから本文です

<社会人野球>ホンダ鈴鹿、東海理化代表に 日本選手権予選

9/16(日) 23:33配信

毎日新聞

 社会人野球日本選手権予選は16日、東海は代表決定戦2試合があり、東海理化は右腕・立野が王子を1失点に抑え完投し、13大会ぶり3回目の代表をつかんだ。ホンダ鈴鹿は左腕・平尾がジェイプロジェクトを完封し、2大会ぶり12回目の本大会出場を決めた。

 ◇立野9回1失点

 高卒2年目の右腕・立野が、東海理化に本大会出場を呼び込んだ。9回159球の力投で被安打7、1失点。九回1死一塁を投ゴロ併殺に仕留めると、両手を突き上げてガッツポーズ。歓喜の輪の中心になった。

 愛知・中部大第一高から入社。最速149キロの直球が武器だが、制球が定まらず四回までに4四球を与えていた。「力みがあったが中盤からテンポをつかめた」と立野。ストライクが先行すると五回以降はわずか2安打。両脚がつるアクシデントもあったが、最後までマウンドを守った。

 打線は2試合で16点。投打がやっとかみ合い「ようやくです。ほっとした」と奥山監督。会社創立70周年の年に、13大会ぶりの出場を決めた。【藤田健志】

 ◇平尾が完封勝利

 ○…ホンダ鈴鹿の左腕・平尾を完封に導いたのは観察眼だった。六回2死満塁では代打・田中が当てることしか考えていないと見て、直球攻めで遊ゴロに打ち取る。八回2死一、三塁では、一塁走者をけん制で刺し、ピンチを切り抜けた。都市対抗予選では第1代表決定戦に進みながらも4連敗し、最後の第6代表で出場を決めた。「同じ失敗はできない」と平尾。今回は最初の代表決定戦で出場をつかみ取った。

 ◇東海(愛知・岡崎市民)

 ▽代表決定戦

ホンダ鈴鹿

110002020◆6

000000000◆0

ジェイプロジェクト

(ホ)平尾-柘植(ジ)上原、永尾、山下、長田雄、小森-森

(ホンダ鈴鹿は2大会ぶり12回目)

東海理化

001100200◆4

010000000◆1

王子

(東)立野-水野(王)若林、高橋、畑瀬-賀部

(東海理化は13大会ぶり3回目)

 ◇四国(香川・レクザムボールパーク丸亀)

 ▽JR四国1勝

四国銀行001000

JR四国000100

0000001◆2

0000002◆3

(延長十三回、十二回からタイブレーク)

(四)菊池大-大河(J)田内-小林

最終更新:9/16(日) 23:38
毎日新聞

スポーツナビ 野球情報

MLB 日本人選手出場試合9/24(月) 2:40