ここから本文です

樹木希林さん死去=女優「寺内貫太郎一家」―75歳

9/16(日) 19:04配信

時事通信

 テレビドラマ「寺内貫太郎一家」や映画「万引き家族」など数多くの作品で個性的な脇役として活躍した女優の樹木希林(きき・きりん、本名内田啓子=うちだ・けいこ)さんが15日午前2時45分、東京都内の自宅で死去した。

〔写真特集〕女優 樹木希林さん

 75歳だった。東京都出身。葬儀は30日午前10時から東京都港区南麻布4の11の25の光林寺で。

 1960年代に悠木千帆(ゆうき・ちほ)の芸名でドラマ「七人の孫」「時間ですよ」などに出演し、人気を得た。74年、TBS系ドラマ「寺内貫太郎一家」に小林亜星さん演じる主人公・貫太郎の母役で出演。見事な老け演技と、沢田研二さんのポスターの前で身もだえながら「ジュリー」と叫ぶ場面がお茶の間の話題となった。77年にテレビ番組の企画で樹木希林に改名した。

 近年は映画を中心に活躍。「歩いても 歩いても」でナント三大陸映画祭最優秀女優賞、「東京タワー~オカンとボクと、時々、オトン~」「わが母の記」で日本アカデミー賞最優秀主演女優賞を受けるなど内外の高い評価を得た。今年5月にフランスで開かれたカンヌ国際映画祭で最高賞を受賞した「万引き家族」にも出演。是枝裕和監督らと現地入りし、レッドカーペットを歩くなど元気な姿を見せていた。

 70年代後半にはドラマで共演した郷ひろみさんとのデュエット曲「林檎(りんご)殺人事件」などが大ヒット。フジカラーのCMでのユーモラスな掛け合いなどでも親しまれた。

 5年前に全身にがんが転移していることを公表。先月には大腿(だいたい)骨を骨折して療養していた。

 73年に結婚した内田裕也さんとの間に生まれた一人娘の也哉子さんは俳優の本木雅弘さんの妻。2008年紫綬褒章、14年旭日小綬章。 

最終更新:9/16(日) 21:05
時事通信

あわせて読みたい