ここから本文です

カネロ、ゴロフキンに判定勝ち!因縁再戦制し新王者君臨 村田との対戦は?

9/16(日) 13:28配信

スポニチアネックス

 ボクシングのWBAスーパー&WBC世界ミドル級タイトルマッチは15日(日本時間16日)、米ネバダ州ラスベガスのT―モバイル・アリーナで行われ、元WBC王者サウル・“カネロ”・アルバレス(28=メキシコ)が統一王者ゲンナジー・ゴロフキン(36=カザフスタン)を2―0の判定で下し、新王者となった。ゴロフキンはプロ初黒星で通算21度目の防衛戦に失敗、8年1カ月に渡って君臨してきた王座から陥落した。

 序盤からカネロが積極的に前に出る展開。ゴロフキンは鋭いジャブで応戦したが、カネロはボディーに効果的に攻め、プレッシャーをかけ続けた。中盤以降はゴロフキンが盛り返したものの、ジャッジは1人114―114、2人が115―113でカネロを支持した。

 因縁の宿敵を下して新王者となったカネロは「接戦だったことはセコンドが教えてくれた。今は感情が高ぶっていて言葉にならない。私を信じてくれた人たちに感謝したい。ビバ!メヒコ」と喜びを爆発させ、「約束通りKOしたかったが、難しい試合だった。ゴロフキンは素晴らしいファイターだった」とライバルを称えた。

 2人は昨年9月に対戦し、12回判定で引き分け。5月に予定されていた再戦はカネロのドーピング違反で延期されていた。戦績はカネロが53戦50勝(34KO)1敗2分け、ゴロフキンは40戦38勝(34KO)1敗1分け。

 WBA世界ミドル級王者村田諒太(32=帝拳)はこの試合の勝者との対戦を熱望しており、カネロの勝利が村田の今後にどう影響するかも注目される。