ここから本文です

【阪神新馬戦】ルモンドが好位抜け出しでデビューV 川田「ディープ産駒らしい、いい馬」

9/16(日) 13:12配信

スポーツ報知

 9月16日の阪神5R・新馬(芝1800メートル、9頭立て)は、1番人気のルモンド(牡2歳、父ディープインパクト、栗東・中内田充正厩舎)が好位から抜け出して快勝した。勝ちタイムは1分50秒9。

 道中は先行集団の直後を手応えよく追走。4コーナーで外からジワッと位置を上げ、直線の残り300メートルで先頭へ。内に切れ込みながらも脚を伸ばし、2着のヒロシゲヨッシーに1馬身1/4差をつけ押し切った。

 川田将雅騎手は「ディープインパクト産駒らしい、いい馬です。ただ、まだまだ(本格化してくるまで)時間がかかりそうなタイプ。それでも、まずは1つ、無事に勝てたことはよかったと思います」と人気に応えて安どの表情を浮かべた。

 中内田調教師は「初戦ですし、いい教育ができました。フラフラするところはありましたが(ジョッキーが)競馬を教えてくれた感じです。まだ動ききれていないところがありますし、成長を見ながらやっていきたいと思います」と話した。次走を含めた今後は、厩舎で状態を見ながら判断される。

最終更新:9/16(日) 13:18
スポーツ報知

スポーツナビ 競馬情報

重賞ピックアップ