ここから本文です

ミドル級頂上対決、明暗分けた最終12R…2者がカネロ支持

9/16(日) 14:21配信

スポニチアネックス

 ボクシングのWBAスーパー&WBC世界ミドル級タイトルマッチは15日(日本時間16日)、米ネバダ州ラスベガスのT―モバイル・アリーナで行われ、元WBC王者サウル・“カネロ”・アルバレス(28=メキシコ)が統一王者ゲンナジー・ゴロフキン(36=カザフスタン)を2―0の判定で下し、新王者となった。

 ジャッジ3者の採点は1人が114―114、残る2人115―113でカネロを支持した。1~6回は3者とも同じ採点だったものの、後半以降は判断が分かれ、結果的には最終12回の採点で2者がカネロを支持したことが明暗を分けた。

 昨年9月の対戦では3者3様のドロー判定で、ゴロフキンが王座を防衛したが、このジャッジを巡っては物議を醸した。