ここから本文です

DeNAラミレス監督、屈辱的大敗に力なく…「これも試合の1つ」再び最下位転落

9/16(日) 18:06配信

デイリースポーツ

 「DeNA4-20阪神」(16日、横浜スタジアム)

 DeNAのアレックス・ラミレス監督が「今年の中で一番重要な試合になる」としていた一戦で、屈辱的な大敗を喫した。

 同点の三回に大山の左翼への勝ち越しソロを口火に、打者12人で9点を奪われると、7点ビハインドの八回にも救援陣が打ち込まれ、またも打者12人の猛攻を受けて9失点。96年8月27日のヤクルト戦以来、22年ぶりの20失点で敗戦。再び最下位へと転落した。

 試合後、ラミレス監督は「(阪神は)これだけ点を取ると、次の日はあまり点が取れないという考えもある。20-4で負けるのも1-0で負けるのも、負けは負け。明日しっかり勝ちたい」と前向きな言葉を並べていた。

スポーツナビ 野球情報

MLB 日本人選手出場試合9/23(日) 16:55