ここから本文です

元朝青龍のおい・豊昇龍、差し違えで勝ち越し逃す

9/16(日) 14:45配信

スポーツ報知

 大相撲の秋場所8日目が16日、東京・両国国技館で行われ、元横綱・朝青龍を叔父に持つ東幕下56枚目・豊昇龍(18)=立浪=が、東3段目2枚目・白虎(30)=東関=に上手投げで敗れ、勝ち越しを逃した。

 右四つから下手投げを仕掛けたが、白虎の左上手にかえされほぼ同時に土俵下に落ちた。はじめは豊昇龍に軍配があがったが物言いがつき、差し違えで白虎が勝ち名乗りを受けた。「先に落ちたとは思った。(しかけるのが)自分でも早いかなと。もうちょっと押していけば」と幕下初黒星に唇をかんだ。

 幕下デビューから3連勝で充実した表情を見せていた豊昇龍も、この日は悔しそうな顔。取り組み後も、足早に支度部屋に引きあげた。おじの元朝青龍も幕下デビューの場所では6勝1敗。これ以上、土をつけるわけにはいかない。

最終更新:9/17(月) 18:46
スポーツ報知