ここから本文です

日本ハム・マルティネス 6回途中6失点で9敗目 有原に続き2試合連続で先発投手が踏ん張れず

9/16(日) 19:39配信

スポニチアネックス

 ◇パ・リーグ オリックス8―4日本ハム(2018年9月16日 札幌D)

 日本ハムは16日、札幌ドームで行われたオリックス戦で4―8で完敗。下位チームにまさかの2連敗を喫して首位の西武と7・5ゲーム差となり、自力優勝の可能性が消えた。

 先発したニック・マルティネス投手(28)は6回途中6失点で9敗目。初回に3安打を集中され2点を失うなど流れを呼び込むことができず、その後も勝負どころで制球が甘くなり失点を重ねた。9月に入って調子を上げていた助っ人右腕は「ストレートの制球が悪かった。大事なところで高めに浮いてしまった」と肩を落とした。

 15日の同戦も有原航平投手(26)が初回に2失点するなど6回4失点で黒星。シーズン佳境の正念場で先発投手が2試合連続で踏ん張れていない。17日の同戦はマルティネスと並ぶチームトップタイの10勝をマークしている上沢直之投手(24)が先発予定。わずかながら可能性が残る2年ぶりのリーグ優勝へ向け、チームを勢いに乗せる快投が求められる。

スポーツナビ 野球情報