ここから本文です

【DeNA】22年ぶり20失点 1日で最下位転落 ラミレス監督「これも試合のひとつ」

9/16(日) 18:49配信

スポーツ報知

◆DeNA4―20阪神(16日・横浜スタジアム)

 DeNAが16日の阪神戦で、1996年8月27日のヤクルト戦(静岡)以来、22年ぶり7度目となる20失点。完敗を喫した。

 今永が初回の2失点など3回途中6失点KO。2番手・田中健は藤浪に満弾を被弾するなど5失点。エスコバー、石田は無失点だったが、その後、三嶋が7失点、砂田が2失点と阪神打線を止められなかった。

 1日で最下位に転落し、ラミレス監督は「これも試合のひとつ。私が監督になってこれだけ得点されたのは初めてだと思うが、初めては誰にでもあること。明日からベストを尽くして勝ちたい」と切り替えて前を向いていた。

最終更新:9/16(日) 19:10
スポーツ報知

スポーツナビ 野球情報