ここから本文です

『ビルド』続編Vシネ『仮面ライダークローズ』に元AKB48永尾まりや、オチョダイエット進藤学出演決定

9/16(日) 9:00配信

デビュー

 2019年に劇場上映、Blu-ray&DVDが発売されるVシネクスト『ビルド NEW WORLD 仮面ライダークローズ』に、元AKB48の女優でモデルの永尾まりやと『海賊戦隊ゴーカイジャー』シド・バミック/特務士官バリゾーグ役の進藤学がゲスト出演することが発表された。二人は仮面ライダーシリーズ初出演となる。

【写真】Vシネクスト『ビルド NEW WORLD 仮面ライダークローズ』より進藤学の出演シーン。

 Vシネクスト『ビルド NEW WORLD 仮面ライダークローズ』の制作情報が解禁されると、解禁後わずか数時間でツイッターが2万リツイートに達し、Yahoo!のリアルタイムランキングでも同作主人公の「万丈」が1位を獲得。翌週にも本作予告編に登場するワード「プロテインの貴公子」がランクインするなど、『ビルド』ファンを中心に大きな話題を巻き起こした。

 2018年8月に大人気のうちに幕を閉じた「仮面ライダービルド」の最終回のその後を描いた、正当な続編となるオリジナルVシネマ。主人公は、仮面ライダークローズ/万丈龍我(赤楚衛二)で、TVシリーズの主人公・仮面ライダービルド/桐生戦兎(演:犬飼貴丈)の相棒として活躍した彼をフィーチャーしたドラマが展開される。2019年4月24日にBlu-ray&DVDの発売が決定しているほか、Vシネクストとして同年初旬に劇場上映も決定している。

 今回、二人のゲスト出演が発表となった。一人目は永尾まりや。2016年までAKB48のメンバーとして活躍し、卒業後は女優、モデルとして、映画、ドラマ、バラエティ、グラビアなど活躍の場を拡大中。今作では悲劇的な過去を背負った、物語のキーとなるヒロイン、馬渕由衣役を務める。

 もう一人は進藤学。『超星艦隊セイザーX』で俳優デビューし、『海賊戦隊ゴーカイジャー』(2011)にシド・バミック/特務士官バリゾーグ役で出演するなど特撮ファンにもお馴染みだが、ダイエットトレーナー、プロダンサーとしての顔も持つ。今作では有名ダンサー柿崎悟志に擬態し、万丈たちを追い詰める悪役・キルバスを演じる。

 個性的なゲストが花を添えることが決定したVシネクスト『ビルド NEW WORLD 仮面ライダークローズ』。現在放送中の『仮面ライダージオウ』にもビルドとクローズは顔を見せており、まだまだその話題は尽きないようだ。

■永尾まりや(ながお・まりや)プロフィール
1994年3月10日生まれ。神奈川県出身。2016年にAKB48卒業後、ファッション誌「Scawaii!」「LARME」レギュラーモデルや『不能犯』『声ガール!』出演、写真集発売などモデル・女優・グラビアと幅広く活躍。

■進藤学(しんどう・がく)プロフィール
1980年1月7日生まれ。東京都出身。『超星艦隊セイザーX』(2005)で俳優デビュー。『ミュージカル テニスの王子様』(2006~2007)や『海賊戦隊ゴーカイジャー』(2011)などに出演し、映画・ドラマ・舞台で幅広く活躍を続ける。また、アルゼンチンタンゴの講師やプロダンサーとしての顔もあり、「オチョダイエット」で知られるようにダイエットトレーナーとしても人気を博すなど、活動の幅は広い。

最終更新:9/16(日) 9:04
デビュー

あなたにおすすめの記事