ここから本文です

広島、久々先発のバティスタ3ラン

9/16(日) 22:34配信

産経新聞

 16日のヤクルト戦、4-2で勝利した広島は9試合ぶりに先発出場したバティスタのバットから価値あるアーチが飛び出した。1点を先制した一回、なおも2死一、二塁。カウント1-2から高橋の146キロ直球を捉え、中越えの24号3ランでいきなり4点のリードを奪った。

 「神宮球場は狭いからいいね。代打より、先発の方が楽に打てる」。松山や新井と一塁ポジションを争い、ベンチスタートの試合も多い中で、久々の先発起用に応えた。

 昨年12月に結婚し、先月には母国で第1子の女の子が生まれたばかり。守るべき存在ができたことで「頑張らないといけない」と、顔つきが引き締まってきた。

 緒方監督は「1打席目から大仕事をしてくれた。その後の内容もよかった」と働きを高く評価した。

 チームは優勝マジックナンバーを4とし、次戦は20日の阪神戦。指揮官は「連戦が続いていたからコンディションを整えて次のゲームに入りたい」。意気揚々と本拠地に戻る。(上阪正人)

最終更新:9/16(日) 22:34
産経新聞

スポーツナビ 野球情報

MLB 日本人選手出場試合9/23(日) 17:10