ここから本文です

立大が東大に逆転勝ち、種田同点ソロ/東京六大学

9/16(日) 16:30配信

サンケイスポーツ

 東京六大学野球秋季リーグ戦第2週第1日は16日、東京・神宮球場で行われ、第2試合は、立大が東大を8-2で下し、先勝した。

 立大に一回に先制された東大は、四回一死一塁で1番・笠原健吾内野手(2年)が左越えに2ランを放って逆転し、先発左腕・小林大雅投手(3年)が7回1失点と好投したが、八回から登板した右腕・有坂望投手(4年)が立大・種田真大外野手(4年)に右越えソロを浴びて追いつかれ、その後内野安打と盗塁、失策で勝ち越し、さらに伊藤智也内野手(2年)の右中間三塁打を打たれるなど6失点。立大は、2番手・中川颯投手(2年)が勝ち投手となった。

スポーツナビ 野球情報