ここから本文です

【前走後の談話】月曜中山10R・浦安特別

9/16(日) 22:30配信

サンケイスポーツ

 ◇アシャカダイキ「いい位置で完璧なレースができた。力がつき切っていないぶん、負けはしたけど、まだ4歳馬。伸びしろは十分にあると思う」(鈴木伸師)

 ◇キタサンガンバ「向こう正面で不利を受けたのが痛かった。そこでポジションが下がってしまい、リズムを崩してしまった。そこから、よく盛り返してくれた」(戸崎圭騎手)

 ◇クラシコ「砂をかぶり嫌がったので、早く動いていったぶんだけ甘くなってしまった」(モレイラ騎手)

 ◇グランティエラ「まだ走りにぎこちないところがあるが、このクラスではやっぱり力が上だった。終始楽な手応えで運べたし、そのまま押し切ってくれた。この内容なら上のクラスでもやれていい」(三浦皇騎手)

 ◇シャインヴィットゥ「休み明けを1度使って良くなってくれていたみたいだし、楽なペースで先行することができた。道中の手応えは終始良かったし、直線でも追い出しを待ってからスパートすることができた。もともとこのクラスを勝っている馬だし、力のあるところを見せてくれた」(田中勝騎手)

 ◇ダイワスキャンプ「もうひとつ前の位置でもと思ったが、スタートは出ているし、最後も脚を使っている。そんなに負けていないし、内容は悪くない」(北村宏騎手)

 ◇タンタラスノオカ「いつもは力(りき)むが、今日は出負けして自分のペースで行き、ためることができた。最後もいい脚だった」(岩田康騎手)

 ◇テイエムチェロキー「いい枠を引けたし、いいレースはできたが、勝ち馬が強かった」(丸山元騎手)

 ◇トウカイパシオン「調教をしっかりやっての馬体増(プラス30キロ)なので、太くはなかったと思う。まだキャリアが浅いぶん、内からプレッシャーをかけられたのが影響したし、芝適性もどうなのか。いずれにしても、これからの馬」(菊川正師)

 ◇ノーフィアー「休み明けを叩いて順当に良くなっていた。直線で2着馬に並ばれたけど、余力は十分に残っていたので、何も問題はなかった。完勝だった」(江田照騎手)

 ◇ブラックランナー「今日は内枠に入っていたし、きっちりとスタートを決めて、いいポジションを取ることができた。ラストで追ってからもしっかりと反応してくれたし、強いレース内容だったと思う」(松山弘騎手)

スポーツナビ 競馬情報

重賞ピックアップ