ここから本文です

金融のプロは見た! お金が集まってくる人、お金が逃げていく人

9/16(日) 12:15配信

LIMO

お金が集まってきたらいいなと思ったこと、誰にもあるのではないでしょうか。逆に、お金が自分から逃げていくような感覚に陥ったことがあるという人も少なくないかもしれませんね。今回は金融機関勤めの人に聞いた「お金が集まってくる人」と「お金が逃げていく人」の特徴をご紹介します。参考にしてみてくださいね。

お金がある人にお金が集まる?

お金がある人のところにお金が集まる。そう聞いたことはないでしょうか。金融機関にいると、こういう人を多く見ると言います。お金はお金があるところに集まります。それも、何億、何十億というお金ではありません。たった数十万円でもいいのです。「お金があるところ」というのは、大金でなくてもいいんですよね。ですから、厳密には「お金が貯まり始めたところ」とでも言うべきでしょうか。

少額でもいいので、一度貯め始めるとお金は意外なほど貯まるようになります。最初の一歩が難しく感じるかもしれませんが、ちょっとだけ我慢してお金を貯めてみるのです。たとえば、今は貯金0円でも、2カ月でも3カ月でも2万円ずつ貯めることを続ければ4万円、6万円と増えていきます。そうなると、貯まるサイクルが自然とできてきます。

最初の一歩さえ踏み出してしまえば、あとは自分の気持ち的にも続けるモチベーションになりますし、そのルーティンを続けることでお金は目に見えて増えていきます。まずは最初の一歩を踏み出してみましょう。

経営者はなぜお金持ちなのか

金融機関勤めの人が感じる「お金が集まる人」の中には「経営者気質の人」もいます。経営者だったらお金を持っていて当たり前だ、という話ではありません。経営者に限らず、誰もやったことのないようなことや新しいことにチャレンジし、自分のやりたいことをやり遂げる力がある人のところにお金が集まるということですね。

なぜかというと、経営者気質の人はいろんなことに積極的に働きかけることが得意です。新しいことや誰もやったことのないようなことを成し遂げるには、そういった推進力や行動力が必要なんですよね。そういう力があって、自分にもストイックな人こそがお金を貯めて、ふやしていくことができるのです。

実際、銀行勤務の女性に聞いたところ、経営者がお金持ちなのは「経営者」という地位にいるからではないと言っていました。「自分にストイックだからこそ、経営者として成功できた。経営者だからお金持ちになるのではなく、目標に向かう行動力がすごいからお金持ちになれたんだと思う」と言います。やはり、強い意志を持って自分の目標に立ち向かう人のところへお金は集まるのです。

1/2ページ

最終更新:9/16(日) 12:15
LIMO

あなたにおすすめの記事

Yahoo!ニュースからのお知らせ