ここから本文です

【バレー】藤井直伸「たとえ劣勢に立たされても、自分たちのバレーを貫き、諦めないチームに」

9/16(日) 8:02配信

バレーボールマガジン

 現在イタリアで開催中の世界選手権にセッターの一人として出場中の藤井直伸選手。全日本代表2年目となる今年、ネーションズリーグや韓国、中国との親善試合など、今年の活動を振り返り、世界選手権への意気込みについて語ってもらった。(取材は世界選手権前の合宿時)

アグレッシブにいろんなことにチャレンジ

――今年のネーションズリーグを振り返ってどうでしたか。

藤井:メンタル面もコンディション面も非常に調整が難しく、こういうスケジュールの中での試合が僕自身初めての経験だったので、なかなかタフな展開になり、最後の方は自分自身の持ち味を発揮できなかった。そういう感じの大会でしたね。

去年のワールドリーグと比べると、対戦相手もそうですけど、やっぱり移動距離がすごいあって。特に日本ラウンドの時は、帰ってきて次の次の日にはもう試合というスケジュールだったので、1週間を通して、なかなかタフな試合だったなというイメージが残っています。

――その日本ラウンド以降、苦労されているような印象を受けましたが。

藤井:そうですね。ブラジルから帰ってきてから、自分のリズムというものがなかなか上手くいかなくなった感じです。

――日本ラウンドあたりから途中で関田誠大選手と交代することが多くなりましたが、それについてどう感じていましたか。

藤井:やっぱり僕自身のパフォーマンスが低下しているのは非常に感じていましたし、関田が入って、しっかりチームが勝っていたので、すごくもどかしい気持ちはありました。
でも、チームが勝つことはいいことだと思うので、誰が出ても勝てるチームというのが証明できたんじゃないかなと思います。今はリフレッシュできて、自分自身も今回の合宿ではいい状態でやれてるので、(関田選手とは)このまま世界選手権に向けて、ライバルとして頑張っていきたいなというふうに思います。

――藤井選手が考えるご自身と関田選手との違いは何ですか。

藤井:タイプ的には結構似てると思いますけど、本当に(関田選手は)ミスが少ない選手ですね。安定していてボールタッチが非常に上手いなと思います。また、トスに限らずレシーブだったり、細かいプレーの上手さが非常に光る選手だなと。それに対して自分はアグレッシブにいろんなことにチャレンジするタイプかな。ミドルをよく使うのもそうですし、今シーズンはパイプを非常に意識しているので、その真ん中を軸にしてアグレッシブにやっていこうと思っています。

――もうひとりのセッターとして、去年は深津(英臣)選手、今年は関田選手と一緒ですが、それによって何か違いはありますか。

藤井:いやそこはあんまり感じないですね。二人とも上手なので。

――年齢の上下の違いも気にならないですか。

藤井:そうですね、あんまり関係ないです。代表に来てからそんなに年齢を気にしたことはないですね。結構みんなフランクな感じなので、僕自身も上から多分3番目とか4番目とかくらいで、上から数えた方が早いくらいなんで。去年だったらまだ上の人がいたんですけど、今年は上の世代になってきたので。それでも年齢は気にならないです。

――ネーションズリーグ中に印象に残ったセッターはいましたか。

藤井:フランスのトニウッティ選手は、非常にいろんなことに長けてるセッターだなという印象です。同じくらいの身長ですけど、何度も世界一を獲っているセッターで。あの身長で自分が世界で生き抜いていく術をしっかり持っていて。本当に全然ミスもしないですし、何よりトスワークがいいという印象ですね。

――この大会でトニウッティ選手を含め世界のトップレベルの選手を前に壁を感じたり、「すごいな」いうような印象を改めて持たれましたか。

藤井:すごいなというより、上手いなと。でも、全く勝てないわけではないと思いましたね。トニウッティ選手個人にではなく、各チーム対してという意味で。今回のネーションズリーグを通して、チームとして結構自信がついたと思うので。6勝で12位という数字でしたが、相手のコンディションなどもありますけど、もう少しで勝てた試合もあったのではないかと思います。

1/3ページ

あなたにおすすめの記事