ここから本文です

敬老の日は西・東日本で真夏日予想 関東を中心に急な雨にも注意

9/16(日) 16:04配信

ウェザーマップ

 連休最終日の17日(敬老の日)は西日本や東日本の各地で30℃以上の真夏日になる見込み。また、午後は関東を中心に大気の状態が不安定となるため、急な雨や雷雨に注意が必要だ。

 連休2日目の16日(日)は、西日本を中心に晴れ間が広がり、鹿児島で33.7℃まで上がるなど、厳しい残暑となった。連休最終日の17日(敬老の日)は、九州から関東の各地で30℃を超える予想で、東京都心の最高気温は31℃と、一週間ぶりの真夏日となる見込み。

 天気は、北海道や東北北部では大体晴れそうだ。一方、東北南部や北陸では午前中を中心に雨が降る見込み。また、関東から西では太平洋側を中心に晴れ間が広がるが、午後は気圧の谷などの影響で関東を中心に大気の状態が不安定になりそうだ。急な強い雨や落雷、突風などが発生するおそれがあり、屋外でのレジャーは熱中症と共に空模様の変化にも注意が必要となる。(気象予報士・ 佐々木聡美)

最終更新:9/16(日) 16:51
ウェザーマップ