ここから本文です

安室奈美恵がまとった孤独の正体。みんなの生きにくさを引き受け肯定してくれた25年

9/16(日) 12:00配信

BUSINESS INSIDER JAPAN

安室奈美恵さんは、なんで寂しそうなのだろう。

ずっとそのことが、心に引っかかっていた。きっかけは、5年前に行った代々木体育館でのコンサート。私よりもずっと年下の、安室ファンの後輩女子に連れていってもらった。過去のヒット曲は少し、大半が最新アルバムからの曲で、ほとんど英語の歌詞だったことに驚いた。おしゃべりは一切はさまず、歌い踊る。

【関連画像】安室奈美恵がまとった孤独の正体。みんなの生きにくさを引き受け肯定してくれた25年

安室さんは30代の後半に突入しているのに、恥ずかしがり屋の少女のようにも見えた。でも歌う姿は切迫感に満ちていて、終わってみれば彼女がまとう孤独な気配が心に残り、どうしてなのだろうと思っていた。

「必ず誰かはやさしい」歌詞に救われた

デビュー25周年の昨年9月、安室さんは突然、翌年9月16日で引退すると発表した。「長年心に思い、25周年の節目に決意いたしました」というオフィシャルサイトの文章以上に、決意の理由などは語らないままだった。

そして2018年9月。安室さんが出演するテレビやラジオを、見たり聞いたりした。さっぱりとした、一人の大人がそこにいた。

肩の荷を下ろす。そんな言葉が浮かんだのは、「WE LOVE RADIO,WE LOVE AMURO NAMIE」というラジオ番組を聴いた時だった。全国101のラジオ局が安室さんの曲のリクエストを募集し、作った番組で9月8日から10日にかけて全国で放送された。たくさんのメッセージが読まれ、スタジオの安室さんが感想を語った。

最初にかかったのは「TRY ME~私を信じて」(1995年)。「アムラーになった私の原点の曲です」というメッセージだったが、次からは「どんな時に、どんな気持ちで聞いたか」というメッセージが続いた。

「進路に悩んでいる時、親友がカラオケで歌ってくれた曲」が、「Chase the Chance」(1996年)。「結婚式の入場でかけました。とにかく何か新しいことを始めなきゃと思わせてくれる曲です」は「PINK KEY」(2007年)。「もっと恵まれた境遇ならと自分を嘆きながら将来に悩んでいた19歳の時に出会い、癒やしてもらった」のが「SWEET 19 BLUES」(1996年)。

進行役の女性が「前向きになれたというメッセージが多い」と紹介すると、安室さんは「本当に本当にうれしいです」と言っていた。

番組中盤からは、歌詞に注目したメッセージが読まれた。

「『必ず誰かはやさしい』という歌詞に救われました」という「a walk in the park」(1996年)。「『膝をつくことは恥ではない』が初めて聞いた時から印象的でした」という「Fight Together」(2011年)。安室さんと同じ年に子どもを産み、育てているという女性は「シングルマザーは厳しいことが多いですが、私を励まし、強くしてくれます」と「Just You and I」(2017年)をリクエストし、「君を抱きしめられないなら、私の両手に意味はない」という歌詞にひかれると書いていた。

1/3ページ

最終更新:9/16(日) 12:00
BUSINESS INSIDER JAPAN

Yahoo!ニュースからのお知らせ