ここから本文です

日比谷公園で 和牛の真髄を堪能「東京和牛ショー2018」

9/16(日) 10:53配信

TOKYO HEADLINE WEB

 日本各地の絶品ブランド和牛を味わえる大型フードイベント『東京和牛ショー2018』が17日まで日比谷公園にて開催中。数ある肉グルメ系イベントの中でも本イベントは、日本最大級の「和牛特化イベント」として肉好き、フードフェス好きから熱い支持を得ている人気企画。過去2回の開催では累計10万人以上の来場者を記録している。

 第3回目となる今回は日比谷公園を会場に、個性豊かな23店舗をそろえて開催。老舗から新進気鋭の店舗まで、厳選和牛グルメが勢ぞろい。焼肉あり、ホルモンあり、ステーキあり、焼きしゃぶあり、肉寿司あり…全品制覇必須の、多彩なラインアップとなっている。

 日本各地の絶品ブランド和牛を味わえる大型フードイベント『東京和牛ショー2018』が17日まで日比谷公園にて開催中。数ある肉グルメ系イベントの中でも本イベントは、日本最大級の「和牛特化イベント」として肉好き、フードフェス好きから熱い支持を得ている人気企画。過去2回の開催では累計10万人以上の来場者を記録している。

 なかでも注目は肉マイスター田辺晋太郎がプロデュースする、超人気店による会場限定メニュー。『秘伝! 大貫ダレ焼肉丼』は浜松の老舗焼き肉店〈大貫〉の秘伝のタレを継承した人気店〈焼肉 大貫〉の絶品丼ぶり。秘伝のタレで焼いた特製和牛ロースとホルモンのうま味が、こだわりの〈かやもり農園米〉のご飯の甘味と1つになり、悪魔的なうまさを放つ。西麻布の創作和食ダイニング〈霞町三〇一ノ一〉の『日本三大和牛! 神戸ビーフの極上握り寿司』は、日本料理の職人が握る本気の和牛寿司を堪能できる逸品。そして〈焼肉鍋問屋 志方〉の『黒毛和牛サイコロステーキ』は卸問屋だからこそ見極められる、こだわりの黒毛和牛を人気の特製ダレに絡めたひと口ステーキ。弾力と柔らかさの絶妙なバランス、タレと肉の風味のハーモニー…“ひと口”をいつまでも堪能できるひと皿だ。

 会場には1000席以上の食事スペースが設けられているほか、晴れの日は芝生でくつろぎながら食事を楽しめるスペースも用意されているので、1人でもグループでも、気軽に出かけて、和牛の奥深さを堪能して。

最終更新:9/16(日) 10:53
TOKYO HEADLINE WEB