ここから本文です

PSGがレアル・マドリーに注意勧告

9/16(日) 11:13配信

SPORT.es

PSGの会長ナセル・アル-ケライフィがレアル・マドリーに対しネイマール獲得の試みをとがめる内容のメッセージを送った。PSGのスター選手ネイマールはマドリー移籍の噂が立っていることについてフラストレーションを感じている、と会長は述べている。

ネイマール、ロンドンに恋に落ちる 来季移籍の可能性

14日(金)に『Marca』に掲載されたインタビューで、会長は次のように語っている。
「ほかのクラブや人々が我々の選手について取り沙汰することはフェアではない。すでにマドリーには伝えてある。しかし我々の間の関係は良好であり、彼らはPSGを尊重している。それが本当であることを願う。我々もマドリーとその会長フロレンティーノ・ペレスを尊重している。マドリーだけではなくすべてのクラブに対し明確に考えを示すことが大事だと思っている。」

このインタビューでアル-ケライフィはリーガ・デ・フトボル・プロフェシオナル(スペインプロリーグ機構:LFP)の会長ハビエル・テバスについても言及した。
「テバスに隠れて何かをしたことは無いが、彼はそういうことをしている。前回彼と出会ったときには彼に直接文句を言った。彼はユヴェントスやインテル、PSGなど多くのクラブを攻撃している。彼はリーガやそれに属するクラブの問題を解決していればいいのだ」LFPのテバス会長はPSGがファイナンシャル・フェアプレー規則を違反したとして糾弾している。

SPORT.es

最終更新:9/16(日) 11:13
SPORT.es

あなたにおすすめの記事

Yahoo!ニュースからのお知らせ