ここから本文です

被災家屋の公費解体 申請初日は定数オーバーで抽選に 岡山・倉敷市

9/16(日) 16:25配信

KSB瀬戸内海放送

 倉敷市で、被災した家屋を市が解体・撤去する公費解体の申請受付が始まりました。

 真備公民館では午前8時半時点で1日の受付人数を超える110人が申請に訪れたため、市は抽選で人数を絞りました。

(抽選に当たった男性はー)
「(平屋の自宅が)天井まで浸かりました。よかったです、いっぺんで当たって」

 公費解体の申請は来年3月末まで倉敷市役所と真備公民館で受け付けています。

最終更新:9/16(日) 16:45
KSB瀬戸内海放送