ここから本文です

Twitterが音声のみのライブ配信機能をリリース。まずはiOS版から

9/16(日) 16:10配信

ギズモード・ジャパン

あ、顔出しNGなんで。

Twitterにはライブ放送のボタンがありますが、ここに新しく音声のみの配信機能が追加されました。2018年9月8日(土)のアップデートでそっと追加されたみたいです。

【記事の全画像】Twitterが音声のみのライブ配信機能をリリース。まずはiOS版から

普通にライブボタンをタップすると左画面のように映像が表示されます。ライブを放送の上のマイクアイコンをタップすると、右画面のように映像がオフになり、音声のみで放送できるという次第。うむ、シンプル。

さて、使い道です。Podcastやラジオの代わりに使うには、Twitterでのライブ配信はやや水モノ感がある感じ。軽い気持ちで「今、○○に来ていまーす」的な生中継をしてみたりとか、ガッツリ何かを映すほどでもないけどライブで伝えたいことがあるときにアリな気がします。なんせ、手軽さが増しましたな。

米Gizmodoが報じているTwitterの広報担当者によると、オーディオのみの配信を求めるPeriscopeユーザーもいるとのこと。実際、カメラを覆って配信する人もいますし、そうした手間無しに顔出しNG配信ができるのは便利オブ便利です。あと、これ音声が入ると背景に波形が表示されるんですけど、背景画面は真っ暗なままなんですよね。壁紙的にカスタマイズできるようになったらいいなぁ。

音声のみのライブ配信機能は、まずはiOS版のみ。Android版のリリースについては未定です。

Source: GIzmodo, Twitter

ヤマダユウス型

GIF: Twitter