ここから本文です

【ローズS】ルメール神騎乗連発!今週もカンタービレで重賞制覇

9/16(日) 15:38配信

競馬のおはなし

オークス大敗から成長を見せたカンタービレ

16日、阪神競馬場で行われた11R・ローズステークス(G2・3歳オープン・牝・芝1800m)で5番人気、C.ルメール騎手騎乗、カンタービレ(牝3・栗東・中竹和也厩舎)が、2着に1.1/4馬身差をつけ快勝した。2着に2番人気のサラキア(牝3・栗東・池添学厩舎)、3着にラテュロス(牝3・栗東・高野友和厩舎)。勝ちタイムは1:45.7(良) このレースは3着馬までに秋華賞への優先出走権が与えられる。

1番人気のサトノワルキューレ(牝3・栗東・中竹和也厩舎)は6着敗退。

2着のサラキアは装蹄師/西内荘担当馬で、競馬のおはなしサイト「装蹄の感触が良かった馬・日曜版」で取り上げた1頭で、同じく担当馬のレッドランディーニは8着となった。

またしてもルメールだった。先週は紫苑ステークス、京成杯オータムハンデを土日で制し、ここも5番人気のカンタービレを勝利に導いた。外目の枠からじわっと先行し、5.6番手の位置から気づけば2番手の位置に。直線入り口で早くも先頭に立つとロングスパートで一気に押し切った。ルメール騎手の巧みペース判断が際立つレースだった。

カンタービレ 6戦3勝
(牝3・栗東・中竹和也厩舎)
父:ディープインパクト
母:シャンロッサ
母父:Galileo
馬主:石川達絵
生産者:三嶋牧場

【全着順】
1着 カンタービレ
2着 サラキア
3着 ラテュロス
4着 ゴージャスランチ
5着 ウラヌスチャーム
6着 サトノワルキューレ
7着 センテリュオ
8着 レッドランディーニ
9着 オールフォーラヴ
10着 アンコールプリュ
11着 ウスベニノキミ
12着 フィニフティ
13着 スカーレットカラー
14着 レオコックブルー
15着 トーセンブレス

※主催者発表のものと照らし合わせください

最終更新:9/18(火) 23:12
競馬のおはなし

スポーツナビ 競馬情報

重賞ピックアップ