ここから本文です

【マドリー選手評価】同点ゴールのイスコと輝いたアセンシオに最高評価「7」

9/16(日) 19:18配信

SPORT.es

レアル・マドリーは、日本時間16日(日)に敵地サンマメスで行われたラ・リーガ第4節アスレティック・クルブ戦で勝点1をなんとか手にしている。

マドリー先制許すも1-1のドローへ!アスレティックGKがスーパーセーブ連発

アスレティックがムニアインのゴールでリードして前半を終えたが、マドリー監督ジュレン・ロペテギが修正を加え、後半はマドリーがパフォーマンスを改善している。

クロース、モドリッチ、セバージョスでは、一貫したパフォーマンスが披露できなかったものの、カゼミーロが投入されて状況は徐々に好転していった。また、途中出場のイスコが同点ゴールを決めており、ロペテギの采配は的中している。

【レアル・マドリー選手評価】

■GK
ティボー・クルトワ (6)
『守護神』
数多くの決定機でセーブを見せている。そして、試合終了間際には2-1にされてもおかしくなかった決定機を阻止している。

■DF
ダニ・カルバハル (5)
『賢明』
いつも通りの適当なパフォーマンスを見せている。ただ、試合終盤には若干パフォーマンスが低下していた。基本的に攻撃で存在感を示すことはなかった。

ラファエル・ヴァラン (5)
『緊張』
試合終盤のミスで相手にゴールを献上するところだった。アスレティック・ビルバオを前に落ち着きのないパフォーマンスを見せている。失点のシーンには、大きく関わっている。

セルヒオ・ラモス (6)
『貢献』
前半は、アスレティック・ビルバオのプレッシャーを前にチームの秩序をもたらすためにハードワークしなければならなかった。カゼミロの出場に助けられている。

マルセロ (5)
『圧倒される』
サンマメスのファンも称賛する質の高いプレーを見せた一方で、多くの苦労をさせられている。1-0とされた場面では、相手に圧倒されている。

■MF
トニ・クロース (6)
『改善』
前半、監督ロペテギは、クロースを一つ守備的な位置で起用している。しかし、後半はいつものポジションに起用し、調子を取り戻している。

ルカ・モドリッチ (5)
『低調』
試合終盤のプレー以外ほとんど貢献することはなかった。試合のビジョンを失っていた。

ダニ・セバージョス (5)
『貢献なし』
監督ロペテギは、同選手を信じて起用している。しかし、ほとんどボールに触ることはなかった。ハーフタイムに交代させられている。

■FW
ガレス・ベイル (5)
『アシスト』
サンマメスで自身最高のパフォーマンスはできなかったが、イスコが決めた同点ゴールをアシストしている。前半は、いつものように持ち味のスピードを披露できなかった。

カリム・ベンゼマ (4)
『存在感なし』
アスレティックを前に低調なベンゼマだった。攻撃では、存在感はなく、相手の若手GKウナイ・シモンを脅かすことはほとんどなかった。再びその存在が物議を醸し出している。

マルコ・アセンシオ (7)
『輝き』
攻撃で大きな貢献を見せている。ライン間を動き回り、果敢にプレーしたが、ゴールを奪うことはできなかった。

■途中出場
カゼミーロ (6)
『力強い』
前半でのチームの混乱後にピッチに送り出され、チームのパフォーマンスを修正している。チームメイトは、同選手に感謝しているだろう。

イスコ・アラルコン (7)
『活性化』
出場数分でチームを同点に導くゴールを決め、攻撃を活性化している。

ルーカス・バスケス (-)
『-』
マドリーの勝利にもっと貢献すべきだったが、存在感を示すことはできなかった。

(文:SPORT)

最終更新:9/16(日) 19:18
SPORT.es

あなたにおすすめの記事