ここから本文です

広島M6で足踏み、巨人は4年連続V逸、阪神は最下位転落 …セ15日はこうなった

9/16(日) 7:20配信

Full-Count

DeNAの平良は古巣相手に好投を見せ4勝目をマーク

 プロ野球セ・リーグは15日、全3試合が行われた。マジック6とリーグ3連覇目前の広島は中日に敗れ足踏み。巨人はDeNAに敗れ4年連続でV逸、阪神は3連敗でついに最下位に転落した。

【セ・最新順位表】首位広島はマジック「6」で足踏み、阪神は最下位転落… セ・リーグの最新順位表&チーム成績詳細

 中日は敵地での広島戦を7-5で勝利し4位に浮上した。3回に平田のタイムリー、アルモンテの2ランなどで5点を先制したが、6回に追いつかれる。それでも直後の7回に平田の8号ソロで勝ち越しに成功した。先発の笠原は6回5失点(自責4)ながら5勝目。広島は一度は5点差を追いついたが先発の大瀬良が踏ん張り切れなかった。

 DeNAは本拠地での巨人戦を3-1で勝利し5位に浮上した。初回に相手エラーで先制すると3回には押し出し四球で追加点を奪い試合の主導権を握った。先発の平良は古巣相手に7回途中1失点の好投で4勝目。巨人は先発の菅野が7回2失点(自責1)の好投も打線の援護なく8敗目を喫し、チームは4年連続で優勝を逃した。

 ヤクルトは敵地での阪神戦を6-4で勝利し引き分けを挟み4連勝を飾った。同点の3回に山田哲、川端のタイムリーで2点を勝ち越し。7回にもバレンティン、西浦のタイムリーで3点を追加しリードを広げた。先発の山中は7回途中3失点の好投で2勝目。3連敗の阪神は最下位に転落した。

【14日終了時点】
1広島 74勝50敗2分 M6
2ヤクルト 63勝61敗2分 11.0
3巨人 60勝66敗4分 4.0
4阪神 55勝64敗1分 1.5
5中日 59勝70敗2分 1.0
6DeNA 56勝67敗2分 0

【15日終了時点】
→1広島 74勝51敗2分 M6
→2ヤクルト 64勝61敗2分 10.0
→3巨人 60勝67敗4分 5.0
↑4中日 60勝70敗2分 1.5
↑5DeNA 57勝67敗2分 0
↓6阪神 55勝65敗1分 0

Full-Count編集部

最終更新:9/16(日) 7:20
Full-Count

スポーツナビ 野球情報