ここから本文です

大谷翔平、20号ソロ 松井秀喜氏以来、MLB日本人2人目のシーズン20発到達

9/16(日) 10:23配信

Full-Count

節目の20号はトラウトとの2者連発アベックアーチ

 エンゼルスの大谷翔平投手は15日(日本時間16日)、本拠地マリナーズ戦に「4番・DH」で11試合連続スタメン出場し、今季20号ソロを放った。MLBでのシーズン20本塁打は、松井秀喜氏に続いて日本人2人目となった。

【動画】大谷翔平、ついに20号到達! 打った瞬間にそれとわかる豪快弾を叩き込む!

 相手先発は右腕ラミレス。チームは初回にトラウトの34号2ランで2点を先制。続く大谷は1死走者なしで第1打席を迎えた。3ボール1ストライクからの5球目、88.8マイル(約143キロ)ツーシームを完璧に捉えた打球はバックスクリーンに飛び込む20号ソロとなった。

 7日(同8日)のホワイトソックス戦で19号3ランを放ち、城島健司氏(マリナーズ)が2006年にマークした日本人メジャー1年目の最多本塁打記録(18本)を更新していた大谷。そして、この日20号に到達した。9月に入って5本塁打と好調を維持している。

 シーズン20本塁打以上は松井氏が5度記録。しかし、その他の日本人は1度も記録したことがない。日本人のシーズン20本塁打到達は、松井氏がエンゼルスでプレーした2010年(21本)以来となった。

Full-Count編集部

最終更新:9/16(日) 12:22
Full-Count

あなたにおすすめの記事