ここから本文です

西武が鷹を圧倒!走攻守、全てで見せた首位の強さ

9/16(日) 7:49配信

日刊スポーツ

<西武11-5ソフトバンク>◇15日◇メットライフドーム

西武がソフトバンクを圧倒した。打ちまくる一方で相手のミスを見逃さなかった。初回、1死から源田が暴投振り逃げで出塁。浅村の内野安打、山川の死球で塁を埋め、千賀の2つ目の暴投で1点先制。さらに、栗山が左中間への2点適時二塁打で畳みかけた。

【写真】2点適時二塁打を放つ栗山

誰もが、この1戦の重要性を理解していた。試合前、栗山は「何もしなくても自然と熱くなる。ナイター明けのデーゲームだけど、眠気が吹っ飛ぶぐらい」と全員の気持ちを口にした。大一番でどうプレーすべきか。「自主トレ、キャンプ、オープン戦、公式戦と、こういう打撃をしたいと思ってやってきた。それを出すということ。後は開き直って」。初回は2-2から甘く来た直球を逃さなかった。まさに栗山らしい一打だった。

腰の張りを抱える浅村も集中力はさすが。1点差に詰められた直後の5回、1死一、三塁で千賀の内寄り144キロをライナーで左翼席へたたき込み、自己最多を更新する今季111打点。「初回から全員フォークを見極められていたから甘い球が来た」と強調した。

打つだけではない。2点リードの5回の守り。2死二、三塁で今宮の右前打を、やや前よりに守っていた金子侑がダッシュで捕球し本塁へ好返球。同点の生還を許さなかった。6回は秋山が三盗を決め、直後に五十嵐の暴投で生還。走攻守、全てで首位の強さを見せつけた。【古川真弥】

▼西武は早ければ明日17日にも優勝へのマジックナンバーが点灯する。17日の点灯条件は西武が16日からソフトバンクに連勝、日本ハムがオリックスに1敗か2分けでM11が出る。

▼11得点の西武は、今季のチーム総得点が702点。西武のチーム700点突破は83年(700点)04年(718点)08年(715点)に次いで4度目。

最終更新:9/16(日) 8:04
日刊スポーツ

スポーツナビ 野球情報

MLB 日本人選手出場試合9/23(日) 20:50