ここから本文です

リカルド予選6番手「ポールを狙っていたのに、Q3でいきなり速さを失った」:F1シンガポールGP土曜

9/16(日) 15:17配信

オートスポーツweb

 2018年F1シンガポールGPの土曜予選で、レッドブル・レーシングのダニエル・リカルドは6番手だった。

リカルドのチームメイト、フェルスタッペンは予選2番手だった

■アストンマーチン・レッドブル・レーシング
ダニエル・リカルド 予選=6番手
 おかしな予選だった。Q3で速さを失ったことに驚いた。FP3から予選までの間にいくつかの変更を施し、最初はマシンの感触はかなりよかった。変更したことすべてがプラスに働いたように思えたし、路面が改善するにつれてどんどん速くなっていくものと思っていた。ところが、予選が進むにつれてペースを失っていったんだ。

 なぜそうなったのかについての答えは、まだ持ち合わせていない。今はただただ悔しい。正直言ってフロントロウを獲得するチャンスもあると思っていたのに、1時間の間にライバルたちから1秒近い差をつけられてしまった。

 Q3で2回アタックしたが、改善することはできなかった。すべてを正しく行ったにもかかわらず、ラップタイムにはそれが表れなかったという感じだね。

 レースペースが良いことは分かっているが、市街地コースでは予選がとても重要だ。不可解で苛立つ予選だったけれど、とにかく答えが見つかることを願っている。

[オートスポーツweb ]