ここから本文です

【Fリーグ】第14節は上位6クラブがそろって勝利! 大分はFP仁部屋和弘の復帰を発表

9/16(日) 1:57配信

SOCCER KING

 Fリーグは14日、15日に第14節の6試合を行った。上位6クラブが、下位6クラブと対戦する巡り合わせになった今節、上位の6試合がそろって勝ち点3を上積みする結果となっている。

 14日に町田市立総合体育館で行われた2位・ペスカドーラ町田と7位・フウガドールすみだの一戦は、GKイゴールのフィードをFP宮崎貴史がゴール前でヘディングで合わせた1点を守り切り、町田が勝利。すみだは2試合連続で0-1の敗戦となった。

 15日には5試合が開催された。グリーンアリーナ神戸で開催された5位・シュライカー大阪と8位・Fリーグ選抜の試合は、前半2分にFP小曽戸允哉のゴールで先制した大阪が、その後もFPチアゴのゴールと、FPアルトゥールの2ゴールで、前半9分までに4点を奪う。後半はF選抜も大阪を上回る14本のシュートを放ったが、得点を挙げることはできず。大阪が4-0で勝利を収めている。

 大分県立総合体育館では、3位・バサジィ大分と10位・ヴォスクオーレ仙台が対戦。仙台はFP井上卓のゴールで先制したものの、大分は9分にFP田村龍太郎、11分にFPレイチが連続でゴールを挙げて逆転する。さらに後半7分にもFP森洸が追加点を挙げてリードを2点に広げた。仙台も後半10分にFP堀内迪弥が1点を返して1点差に詰め寄ったが、反撃もここまで。試合時間残り1秒でFP荒牧太郎が決定機阻止で退場となった仙台は、2連勝のあと、4連敗となった。大分は試合後、活動停止していたFP仁部屋和弘が復帰を報告している。

 小田原アリーナでは、6位・湘南ベルマーレと11位・バルドラール浦安が対戦した。湘南はFP本田眞琉虎洲のF通算150点目のゴール、FP野口健吾のF初ゴールで2点をリードする。浦安はFP深津孝祐が2点を奪い、一時は同点に追いついたが、FPロドリゴ、FP鍛代元気にゴールを決められて2-4で敗戦。湘南は2連勝としている。

 道北アークス大雪アリーナでは、9位・エスポラーダ北海道と4位・立川・府中アスレティックFCが対戦した。立川・府中は前半15分にFP完山徹一のゴールで先制すると、1分も経たないうちにFPジョーが3試合連続となるゴールを決めて、2-0と突き放す。後半、北海道の反撃をFP水上玄太の1点に抑えた立川・府中が3連勝を飾っている。

 浜松アリーナでは、12位・アグレミーナ浜松と1位・名古屋オーシャンズの東海ダービーが行われた。今季、無敗の名古屋は開始1分でFP安藤良平が先制点を挙げると、その後もFPペピータ、FP星翔太、オウンゴール、FPヴァルチーニョが得点を決め、5-0で勝利。名古屋は早くも勝ち点を40としている。

■試合結果
ペスカドーラ町田 1-0 フウガドールすみだ
シュライカー大阪 4-0 Fリーグ選抜
バサジィ大分 3-2 ヴォスクオーレ仙台
湘南ベルマーレ 4-2 バルドラール浦安
エスポラーダ北海道 1-2 立川・府中アスレティックFC
アグレミーナ浜松 0-5 名古屋オーシャンズ

記事=futsalX

SOCCER KING

最終更新:9/16(日) 2:00
SOCCER KING

スポーツナビ サッカー情報

今日のJリーグ 試合情報

J1

海外サッカー 日本人選手出場試合