ここから本文です

マンC指揮官、期待の若手に出番与えられず謝罪「罪悪感がある」

9/16(日) 16:01配信

SOCCER KING

 マンチェスター・Cのジョゼップ・グアルディオラ監督が、イングランド人MFフィル・フォーデンに謝罪した。イギリスメディア『スカイスポーツ』が15日付で伝えている。

 グアルディオラ監督率いるマンチェスター・Cは、15日のプレミアリーグ第5節でフルアムと対戦し、3-0で快勝した。47分までに3点を奪い、試合の大勢が決していたことから、同監督は期待の若手であるフォーデンに出番を与えることを考えていたという。ただ、54分にアルゼンチン代表FWセルヒオ・アグエロが負傷交代したことにより、プラン変更を余儀なくされ、最終的にフォーデンが投入されることはなかった。このことを、同監督はひどく悔いている。

「罪悪感がある。彼(フォーデン)はプレーするに値した。セルヒオ・アグエロの負傷が問題だったけれど、我々はリスクを冒したくなかったんだ」

「フィル・フォーデンは今シーズン、たくさんの試合でプレーするだろう…私はそう感じているよ。試合後、選手たちはとても疲れていた。我々には試合が山ほどあるし、彼はプレーする。私は彼が本当に好きだ。いつも非常に良いプレーをしている。彼は長い時間プレーするだろうね」

 グアルディオラ監督はこのように語り、自身が惚れ込むフォーデンに対する思いを明かした。ここまではリーグ戦1試合の出場にとどまっている同選手だが、今後はプレー時間が増えていきそうだ。

SOCCER KING

最終更新:9/16(日) 16:01
SOCCER KING

スポーツナビ サッカー情報

今日のJリーグ 試合情報

J1