ここから本文です

モウリーニョ、豪快ボレー弾のスモーリングを称賛も「彼の髪型は気に入らないね」

9/16(日) 14:27配信

ゲキサカ

 マンチェスター・ユナイテッドを率いるジョゼ・モウリーニョ監督が、決勝点を挙げたDFクリス・スモーリングを称えた。クラブ公式サイトが伝えている。

 15日、ユナイテッドはプレミアリーグ第5節でワトフォードと対戦。1点リードで迎えた前半38分、MFアシュリー・ヤングが右CKからクロスを上げると、MFマルアン・フェライニが頭で中央に折り返す。これを胸で受けたスモーリングが豪快な左足ボレーを突き刺し、追加点を奪った。

 その後、チームは1点を返され、終了間際にMFネマニャ・マティッチが2枚目のイエローカードで退場となったが、2-1で勝利。今季初の2連勝を飾った。

 指揮官は「私が唯一好きではないのは、彼の髪型だ。しかし、私が言うべきことではないね!」と冗談を言いつつ、スモーリングを称えた。

「彼は良かった。彼以外にもビクトル(リンデロフ)、それから繰り返しになるがマルアンも良かった。この2試合は難しい試合だった。バーンリーとワトフォードは2人のストライカーを使うチームだ。ボールを保持できて、走れて、空中戦にも強い。フィジカルも強くて、クレバーな選手だ。だからこそ、彼ら3選手がチームにとって非常に重要だった。それに、センターバックがゴールを決められたら、尚良い」

最終更新:9/16(日) 14:27
ゲキサカ

あなたにおすすめの記事