ここから本文です

メッシ「バルサにとってシャビとイニエスタは唯一無二の存在だった」

9/16(日) 16:03配信

ゲキサカ

 今季からバルセロナのキャプテンを務めるアルゼンチン代表FWリオネル・メッシが、同クラブにとってMFシャビ・エルナンデス(アルサッド)とMFアンドレス・イニエスタ(神戸)の存在は「唯一無二だった」と語った。スペイン『アス』が報じている。

 17歳という若さでトップチームでデビューを果たし、独特なステップで相手を抜き去るドリブルを武器に多くのファンを魅了し続けるメッシ。バルセロナに数多くのタイトルをもたらし、個人としてもバロンドールを5度受賞するなど、数々の栄冠を勝ち取ってきた。

 その中でメッシは、これまで多くの世界的プレイヤーと共演してきたが、やはりシャビとイニエスタは別格だったようだ。31歳ストライカーがラジオ番組『TdT』のインタビューに応じ、2人について語った。

「僕らは常にバルサだけど、実際には(セルヒオ・)ブスケツ、シャビ、イニエスタによって90%のポゼッションができていたのは事実だ。今はシャビもイニエスタもない。チームにいる選手の誰がいいとか悪いとかは言いたくはない。だが、彼らは唯一無二の存在だった。でも、(バルサの)スタイルは変わっていないよ」

最終更新:9/16(日) 16:03
ゲキサカ

あなたにおすすめの記事

Yahoo!ニュースからのお知らせ