ここから本文です

ペットの死後もずっとそばに 願いかなえる、中国の「ペット葬祭業」の女性

9/16(日) 9:10配信

東方新報

【東方新報】テーブルの上に置かれた、小ぎれいな木製の小さな家。その小さな家の中には、花のつぼみが添えられている。一見すると、精巧な芸術品のようにも見える。

【関連写真】火葬施設でペットとの最後の別れをしのぶ飼い主

「小動物の小さな墓碑や棺おけを作る人」

 ペット葬祭業を経営する女性、呉彤(Wu Tong)さんの自己紹介だ。2015年にを起業してから現在まで、小動物2416匹の葬儀に携わってきた。呉さんはいつでも、この世を去った動物たちから温かさをもらい、死の尊さを教えられるという。

小さな骨箱は、呉さんがデザイン、制作している。運営する骨箱販売のオンラインショップには、約1万5000人のフォロワーがいる。

 骨箱の「小さな住民たち」のために、一つ一つに番号が刻まれている。そうした物語を、呉さんは微信(ウィーチャット、WeChat)公式アカウントから配信している。小さな住民たちの番号は、「2146」を数えた。多くのフォロワーたちにとっては、この「2146」という数字は、命を亡くした数字でもあるが、すべてが温かい思い出だ。

 ■ずっとそばにいられる、温かい気持ちになれるものを

 きっかけは、飼っていた犬「小Q」の死だった。

「小Qとコミュニケーションを取れなくなってしまったけれど、もしかしたら、小Qも最も愛する人のそばにいたいと望んでいるかもしれない」

 小Qを戸外に埋葬することを望んでいなかった呉さんは、インターネットでペットの納骨サービスなどを調べたが、当時の中国国内のサービスには不満が多かった。市場で主流だった、納骨するための骨箱は白黒のデザインばかりで、むしろ感情を抑えられず、より深い悲しみにさいなまれると感じた。

 むしろ、小Qが生きた証を記憶してもらえるような、「家」が欲しかったという。

 呉さんは、市場を調べていくうちに、まず、ペット専用の骨箱をデザインする産業は中国国内にはほとんど存在していないことを知った。

統計によると、中国で飼われているペットの数は16年時点で1億匹を超えているという。しかし、ペットの死後については、全く重視されていないということも知った。

 大多数の飼い主は、ペットが死ぬと家の周りか郊外に埋葬する。ペットの死骸を自分たちで火葬するという飼い主もいるというが、骨壺代わりに茶葉用の茶壺などで代用するという。しかし、呉さんは茶壺などでは、温かみを得られないと思っている。

 ペットの骨箱と墓碑には、木材を使う。「木には温かみがある。伐採され加工された木はもう成長することはないけど、木目の見せるさまざまな表情や、虫食い跡の残るくぼみなど、生命の痕跡が残っているから」

 呉さんの大学時代の専攻は、建築デザインだった。しかし卒業後、建築関連業界に進むことはなく、長い月日をへて専門に戻ることになるとは思ってもみなかった。今のクライアントは、死んだ小動物たちだ。

 初めて製作したサンプルは、小Qのためにデザインしたものだ。15年春、呉さんは木製の骨箱に「私の人生で最高のプレゼント」という言葉を、丁寧に刻み込んだ。これまでに販売した骨箱には、生前の写真が貼られていたり、飼い主の言葉などが刻まれていたりすることが多いようだ。

「2017年ペット業界白書」によると、中国のペットに関わるサービス全業種の中で、葬祭業は全体のたった4.2%で、医療やペットサロンなどの業種には遠く及ばない。

 また、北京市で14年に施行された「動物防疫条例」によって、ペットの死後、死骸は資格を持つ公認の処理業者に処理を依頼しなければならくなったが、依然として動物の死骸を埋葬や火葬など、自分の判断で処理する人が多い。(c)東方新報/AFPBB News

※「東方新報」は、1995年に日本で創刊された中国語の新聞です。

最終更新:9/16(日) 9:10
東方新報